トヨタ、ポルティマオでのWEC走行テストに平川亮の参加を決定
トヨタは、今シーズンSUPER GT、スーパーフォーミュラに参戦している平川亮が、6月にポルティマオで行われるTOYOTA GAZOO Racing WECチームの走行テスト(6月15-17日)に参加することを発表した。

平川亮は、トヨタ・ヤング・ドライバーズ・プログラム(現TGR-DC)出身で、今シーズンはSUPER GTのGT500クラスにTGR TEAM KeePer TOM'Sから、スーパーフォーミュラにcarenex TEAM IMPULからそれぞれ参戦している。

2017年には史上最年少でSUPER GTの年間チャンピオンを獲得、2016、2017年にはヨーロピアン・ル・マンシリーズに参戦し、ル・マン24時間レースにも出場。レーシングドライバーとして着実にキャリアを積んでおり、様々なレースでその速さや安定性を示している。

トヨタは、今回の走行テストへの参加を通して、平川亮が将来につながる多くの経験を積むことを期待している。

なお、本テストへの参加により、新型コロナウイルス感染症に関する水際対策措置としての帰国後14日間の自宅待機が求められるため、平川亮は6月19-20日に開催されるスーパーフォーミュラ第4戦(菅生)は欠場する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / トヨタ / WEC (FIA世界耐久選手権)