トヨタ 富士スピードウェイ F1撤退
トヨタは、2010年以降、富士スピードウェイでF1日本GPを開催しない方針を決め、7月中に正式発表すると毎日新聞が報じている。

トヨタは、2010年3月期が営業損益が2期連続で赤字になる見通しで、富士スピードウェイでのF1開催だけでなく、F1参戦からの撤退も含め検討してきた。

F1参戦は継続するが、富士スピードウェイでのF1開催に関しては、トヨタの費用負担が1回につき20億円〜30億円とされ、宣伝としての費用対効果が低いと判断した。

トヨタは2000年に富士スピードウェイを買収。およそ200億円を投入して設備改修を行い、2007年から鈴鹿サーキットに変わりF1日本GPを開催したが、わずか2回の開催で撤退することとなった。

トヨタのF1初開催となった2007年F1日本GPでは、道路の陥没でバスが立ち往生し、観客が雨の中を長時間にわたってバスを待たされるなどのトラブルが発生。2008年には場内の舗装などに約20億円を追加投入し、大幅な赤字となった。

トヨタ内では信頼回復のためにも開催を継続すべきだとの声もあったそうだが、コスト削減を重視した形だ。

F1日本GPは、鈴鹿サーキットと富士スピードウェイでの交互開催が決定しており、今年は10月に鈴鹿サーキットが開催。トヨタが撤退したことで、今後は鈴鹿サーキットでの単独開催となりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トヨタ