トヨタの2016年04月のF1情報を一覧表示します。

トヨタ WRC、トミ・マキネンが2017年WRCカーのテストを開始

2016年4月28日
トヨタ WRC 2017
トヨタは、2017年WRCカーの最初のテストを完了。トミ・マキネンがステアリングを握った。

WRCに復帰するトヨタをチームプリンシパルとして率いる4度のWRCチャンピオンは、5日間にわたるテストでヤリス WRCで600マイル以上を走破した。

「初めて運転したときの感覚は非常に特別なものだった」とトミ・マキネンは Autosport にコメント。

レクサス、新型ISを北京でワールドプレミア

2016年4月27日
新型IS レクサス
レクサスは、中国・北京で4月25日(月)〜5月4日(水)に開催される第14回北京モーターショーに、マイナーチェンジした新型スポーツセダン「IS」を出展する。

ISはLEXUSセダンのラインアップにおいて、ユーザー層の拡大を担うスポーツセダンとして、ドライバーの意のままに操ることができる優れた操縦安定性とスポーティなデザインを特徴とし、支持を集めてきた。

レクサス、新型ISを北京モーターショーに出展

2016年4月21日
新型IS レクサス
レクサスは、マイナーチェンジした新型スポーツセダン「IS」を中国・北京で4月25日(月)〜5月4日(水)に開催される第14回北京モーターショーに出展する。

ISはドライバーの意のままに操ることができる優れた操縦安定性とスポーティなデザインを特徴とし、若年層ユーザーの獲得に大きく貢献してきた。

トヨタ:スーパーフォーミュラ 2016年 開幕戦 鈴鹿 プレビュー

2016年4月20日
2016 スーパーフォーミュラ 鈴鹿
4月22日(金)から24日(日)にかけて、三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットでスーパーフォーミュラの開幕戦「鈴鹿2&4レース」が開催される。

2014年にエンジン・シャシー共に一新し、「クイック・アンド・ライト」なトップフォーミュラとして生まれ変わった全日本スーパーフォーミュラ選手権。日本独自の「NRE」規定に沿って開発された直列4気筒2リッター直噴ターボエンジンと新シャシーとの組み合わせによるシリーズは、世界レベルのトップドライバーにより、この2年間、迫力のバトルが繰り広げられてきた。

小林可夢偉 「生まれたてのこのクルマを育てていきたい」

2016年4月19日
小林可夢偉
小林可夢偉が、2016 WEC開幕戦 シルバーストーン6時間レースを振り返った。

小林可夢偉にとってはLMP1カーでのデビュー戦であり、トヨタで参加した世界選手権としては2009年のF1アブダビGP以来となるレースで素晴らしいパフォーマンスを見せ、表彰台獲得の一翼を担った。

小林可夢偉とステファン・サラザン、マイク・コンウェイのTS050 HYBRID #6号車は3位でゴール。

トヨタ、新型TS050 HYBRIDのデビュー戦で2位 / WEC世界耐久選手権

2016年4月18日
トヨタ
トヨタは、2016年FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レースで2位となった。

小林可夢偉とステファン・サラザン、マイク・コンウェイのTS050 HYBRID #6号車は3位でゴールしたのち、上位車両の失格により2位となり、トヨタにとって2012年のWEC参戦開始以来のシルバーストーンでの連続表彰台記録を更新した。

トヨタ、悪天候の予選で苦戦 / WEC開幕戦シルバーストーン

2016年4月17日
トヨタ
2016年FIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レースの公式予選が行われたが、トヨタは残念な結果に終わり、明日の決勝レースで巻き返しを目指す。

20分間の公式予選セッションはウェットコンディションで行われることとなったが、TS050 HYBRIDは制御系の問題に苦しみ、ドライバーはライバルと競い合うチャンスの無いままにセッションを終えることとなった。

トヨタ、WEC開幕戦シルバーストーンへとセットアップ開始

2016年4月16日
トヨタ
トヨタは、新型TS050 HYBRIDでの初レースとなる2016年のFIA世界耐久選手権(WEC)開幕戦シルバーストーン6時間レースへ向けて、公式練習初日を終えた。

アンソニー・デビッドソン、セバスチャン・ブエミと中嶋一貴が駆るTS050 HYBRID #5号車が6番手、WEC全戦にデビューすることとなった小林可夢偉はステファン・サラザン、マイク・コンウェイと#6号車を駆り、4番手タイムをマークした。

小林可夢偉 「トヨタの一員としてWECデビューすることに興奮している」

2016年4月12日
小林可夢偉
小林可夢偉が、WEC開幕戦シルバーストーン6時間レースへの意気込みを語った。

昨年、12年ぶりに国内レースへ復帰した小林可夢偉は、今年はスーパーフォーミュラに加え、新たにTOYOTA GAZOO RacingからWECのLMP1クラスにフル参戦。マイク・コンウェイ、ステファン・サラザンとともにTS050 HYBRIDの6号車を走らせる。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム