トヨタの2015年10月のF1情報を一覧表示します。

レクサス、次世代フラッグシップコンセプト『LF-FC』を世界初公開

2015年10月28日
レクサス LF-FC
レクサスは、第44回東京モーターショー2015において、将来のLEXUSフラッグシップカーをイメージしたコンセプトカー「LEXUS LF-FC」を発表した。

レクサス LF-FCは、未来社会のお客様の指向を想定したセダンベースのコンセプトカーである。圧倒的な存在感あるデザイン、先進技術の搭載、そして来るべき水素社会を見据え、パワートレーンにはレクサスで初めて燃料電池技術を採用するなど、レクサスのNew Chapterに続く新たな章の幕開けを予感させるものである。

トヨタ、実績のある上海6時間レースでの活躍に期待

2015年10月27日
トヨタ
2015年FIA世界耐久選手権(WEC)も残り2戦。その終盤戦注目の上海6時間レースが、今週末上海国際サーキットで幕を開ける。

全8戦で戦われるWECの最終3戦は、アジアの国々で開催されている。まず日本の富士スピードウェイ、次に中国の上海サーキット、そして最後がバーレーンの国際サーキットとなる。

トヨタ、次世代タクシーの概要を公表

2015年10月26日
トヨタ 次世代タクシー
トヨタは、2017年度内に発売を予定している次世代タクシーの概要を公表した。

次世代タクシーは、日本の街の風景を変えることを念頭に、“おもてなしの心”を反映した内外装デザインを採用。日本で使用するお客様に向けた安心・快適性能を持たせることで、環境負荷低減、超高齢化などの社会変化に対応した、新たな「日本のタクシー」確立を目指す。

レクサス、新型RXを発表

2015年10月22日
レクサス 新型RX
レクサスは、プレミアムクロスオーバー「RX」をフルモデルチェンジすると共に、新たに直噴2.0Lターボエンジンを搭載したRX200tをラインアップに加え、全国のレクサス販売店を通じて、10月22日に発売した。

RXは、洗練されたデザインと高い技術力をもつLEXUSブランドを体現するコアモデルの一つである。新型RXは「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発され、堂々とした力強いエクステリアや心地良い操縦安定性など、さらなる進化を遂げている。

トヨタ、新型プリウスの先進技術を公開 ・・・ 発売は12月を予定

2015年10月13日
トヨタ 新型プリウス
トヨタは、新型プリウスの発売時期を12月予定とし、採用する主な技術内容を公表した。

1997年、初代プリウスが次世代環境車の先駆けとして誕生。2代目ではさらなる燃費向上を実現するとともにトライアングルシルエットを採用し、後の環境車に多くの影響を与えてきた。そして3代目ではさらなる燃費向上を図り、JC08モード走行燃費32.6km/Lを実現し、ハイブリッドカーを広く普及させたクルマとして環境意識の高まりに貢献してきた。

トヨタ:波乱のWEC富士戦で5位、6位フィニッシュ

2015年10月11日
トヨタ WEC
トヨタは、富士スピードウェイに集まった大勢のファン、多くのトヨタ自動車や関連会社からの支援を受けてWEC富士6時間レースを精一杯戦ったが、残念ながら期待に応えることが出来ず、5位、6位でレースを終えた。

2015年FIA世界耐久選手権(WEC)第6戦・富士6時間レースは、朝から雨に見舞われた富士スピードウェイで午前11時にスタートを切った。セーフティカーの先導で始まったレースは、雨脚が弱まった午前11時半頃にセーフティカーが退き、本格的なレースがスタートした。

トヨタ、3列目グリッドから雨予想の決勝レースへ / WEC富士

2015年10月11日
トヨタ WEC 富士
10月10日(土)、2015年FIA世界耐久選手権(WEC)第6戦・富士6時間レースの公式予選が行われ、2台のTS040 HYBRIDが5番手、6番手のタイムを刻み、揃って3列目から明日の決勝レースをスタートすることになった。

公式予選セッションは、午後2時10分から20分間、曇り空、気温17度の寒空の下で行われた。

トヨタ、今週末のホームレースへと公式練習を開始 / WEC富士

2015年10月9日
トヨタ WEC
10月9日(金)、2015年FIA世界耐久選手権(WEC)第6戦・富士6時間レースが富士スピードウェイで幕を開けた。トヨタは2014年のマニュファクチャラーズ、ドライバーズ両タイトルを獲得し、チャンピオンの証として栄えあるカーナンバー#1をつけたTS040 HYBRIDでホームコースに戻って来た。また、トヨタにとっては、富士6時間レースは2012年以降3年連続で勝利を挙げている重要なレースとなる。

トヨタ、名古屋グランパスを子会社化へ

2015年10月7日
トヨタ 名古屋グランパス
トヨタが、サッカー・Jリーグの名古屋グランパスの子会社化を検討していることが明らかになった。2016年春にも現在は約20%の出資比率を50%以上に高めて累積赤字を一掃するという。

名古屋グランパスは、2010年にリーグ優勝を果たしたが、最近は成績が低迷。入場料収入なども伸び悩み、1月時点での累積赤字は3億6000万円に上っている。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム