F1 トロロッソ ホンダF1 2018年のF1世界選手権
トロロッソ・ホンダの2018年F1マシン『STR13』のスタジオフォトを誤って公開してしまったようだ。

トロロッソ・ホンダは21日(水)にイタリアのミサノ・サーキットでシェイクダウンテストを実施。その画像がリークされたため、チームは正式に画像を公開するという事態があったばかり。

そして、今回はスタジオショットの一枚が流出。発表前にトロロッソ・ホンダ STR13の詳細なディテールが露わになってしまった。

公開された画像では、トロロッソ・ホンダ STR13は、昨年マシンと同じブルーを基調にレッドとシルバーのカラーリング。マシンサイドのレッドのラインはコックピット先端まで延長され、『HONDA』のロゴが掲載されている。

2018年から義務化されるコックピット保護デバイス『Halo』は車体と同じブルーに塗装され、上面にはフェアリングが施されている。

昨年マシンではメルセデスと類似した突起のないナローなフロントノーズを採用していたトロ・ロッソだが、今季マシンではワイド&ローに突起がついた他チームと同様の形状を採用。バージボードも大型化している。

265265265265

トロロッソ・ホンダは、2月26日(月)の現地時間8時10分(日本時間16時10分)からバルセロナのカタロニア・サーキットで2018年F1マシン『STR13』の新車発表会を実施。その模様は5分前からチームのFacebookページでライブ配信される。

発表後にスタートするプレシーズンテストでは、ブレンドン・ハートレーが初日と3日目、ピエール・ガスリーが2日目と4日目のテストを担当する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ