F1 トロロッソ・ホンダ ホンダF1
トロロッソ・ホンダは、2019年F1マシン『STR14』を発表した。

昨年、スクーデリア・トロ・ロッソは、ホンダとのワークスパートナーシップを締結して『Red Bull Toro Rosso Honda』として参戦。ピエール・ガスリーがホンダのF1復帰後のベストリザルトとなる4位入賞を果たすなど、コンストラクターズ選手権を9位で終えた。

今年でホンダとの2年目のパートナーシップとなるスクデーリア・トロ・ロッソは、2019年のドライバーとしてダニエール・クビアト(カーナンバー26)とアレクサンダー・アルボン(カーナンバー23)を起用する。

今年からシニアチームであるレッドブル・レーシングもホンダとワークスパートナーシップを結んだことで、トロロッソとレッドブル間の繋がりはより強固なものとなる。

同じホンダのF1パワーユニット『Honda RA619H』を搭載する両チームのコンポーネントはレッドブル・テクノロジーを介して供給され、トロロッソ・ホンダ STR14は、リアエンドを含め、レッドブル・レーシングの昨年マシン『RB14』のパーツをベースに開発が進められたとされている。

レーシングスーツの配色からネイビーのカラーリングに変更されると噂もあったトロロッソ・ホンダ STR14だが、これまで同様レッドブル缶に採用されているブルー&レッドのカラーリングが施されている。2017年からスクーデリア・トロ・ロッソが使用している人気のカラーリングだ。

トロロッソ・ホンダ STR14Toro Rosso Honda STR14トロロッソ STR14Red Bull Honda STR14

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1 | F1マシン