スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 レッドブル・レーシング F1
トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは、2018年からパートナーとなるホンダとすでに緊密な関係を築いており、作業はスケジュール通りに進行していると語った。

トロ・ロッソは、今シーズン終盤に信頼性トラブルに苦しめられ、パーツ供給において論争にまで発展したルノーとの関係を終え、2018年からはホンダと新たなパートナーシップをスタートさせる。

ホンダとの作業についてフランツ・トストは「スケジュール通りに進んでいる」とF1公式サイトのインタビューで語った。

「もちろん、我々は毎日ビデオ会議を行っている。そうだね、すでに非常に緊密に協力している」

「とても満足している。我々はF1での彼らの唯一のパートナーだ。私はすでにモノコックのデザインを目にしている。我々は独自のアイデアを考えていくことができるし、他が彼ら自身のために計画したものを取り入れなくてもいい。それは大きなアドバンテージだ」

「我々は唯一のパートナーなので、シーズン全体を通して十分なパワーユニットとパーツを得ることができるしね! エンジンメーカーの“ベンチマーク”になることは素晴らしことだ」

トロ・ロッソとホンダのワークス体制には親チームであるレッドブルも協力しており、は2018年にレッドブルの名を冠した『レッドブル・トロロッソ・ホンダ』として新たなスタートを切る。

レッドブルは2018年からルノーのF1パワーユニットを失い、ホンダのパワーユニットを搭載するとの噂もある。

レッドブルの状況について質問されたフランツ・トストは「彼らは非常に近くで見ている。彼らが2019年以降のエンジンに関してどのような計画を立てるかは、レッドブル・レーシングが決めることだ」と述べた

ホンダは、2018年のトロ・ロッソへのF1パワーユニット供給に向けてF1の運営体制を変更。これまで機能していなかった技術開発とレース現場指揮監督の責任を担うF1プロジェクト総責任者というポジションを廃止し、現場の指揮に専念するテクニカル・ディレクターを新たに設置。今年までF1プロジェクト総責任者を務めてきた長谷川祐介はプロジェクトから外れ、初代テクニカル・ディレクターには田辺豊治が就任する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ | ホンダF1