スクーデリア・トロ・ロッソ ホンダF1 レッドブル・レーシング F1
FIA(国際自動車連盟)は、2018年のF1世界選手権の暫定エントリーリストを発表した

注目はホンダとのパートナーシップを開始するトロ・ロッソ。今季は「スクーデリア・トロロッソ」として参戦していたが、2018年は親会社のレッドブルの名前を掲げ「レッドブル・トロロッソ・ホンダ(RED BULL TORO ROSSO HONDA)」のチーム名で参戦することが明らかになった。

レッドブルは、すでにレッドブル・テクノロジー社を通してホンダとトロ・ロッソのマシン開発で協力体制を築いており、今回のチーム名にレッドブルの名前を付けることでマーケティング面でもホンダとの提携を強化することになる。

レッドブルは来シーズン限りでルノーのF1パワーユニットを失うとされており、2019年からホンダのF1パワーユニットを搭載すると予想されている。

レッドブルは、2018年からアストンマーティンをタイトルスポンサーに迎えて、「アストンマーティン・レッドブル・レーシング(ASTON MARTIN RED BULL RACING)」として参戦。エンジン名は時計ブランドのタグ・ホイヤーの名前が掲げられる。

また、ザウバーは、アルファロメオをタイトルスポンサーに迎えて、「アルファロメオ・ザウバーF1チーム(ALFA ROMEO SAUBER F1 TEAM)」として参戦。エンジン名はアルファロメオではなく、フェラーリのままとなる。

ホンダとワークスパートナーシップを解消し、ルノーのカスタマーユニットを搭載するマクラーレンは「マクラーレンF1チーム(MCLAREN F1 TEAM)」として参戦する。

今回発表されたエントリーリストでは、ザウバー、トロ・ロッソ、ウィリアムズのドライバーがTBC(未定)と記載されているが、ザウバーはマーカス・エリクソンとシャルル・ルクレール、トロ・ロッソはピエール・ガスリーとブレンドン・ハートレーを起用することをすでに決定している。

また、ウィリアムズはランス・ストロールが2018年のドライバーを務めることをすでに発表しており、もうひとつのシートに関しては、ロバート・クビサを筆頭に複数のドライバーを評価している。

2018年 F1世界選手権 暫定エントリーリスト
Noドライバーチーム名シャシー名エンジン名
8Romain GROSJEANHAAS F1 TEAMHAASFERRARI
20Kevin MAGNUSSEN
14Fernando ALONSOMCLAREN F1 TEAMMCLARENRENAULT
2Stoffel VANDOORNE
44Lewis HAMILTONMERCEDES AMG
PETRONAS MOTORSPORT
MERCEDESMERCEDES
77Valtteri BOTTAS
3Daniel RICCIARDOASTON MARTIN RED BULL RACINGRED BULL RACINGTAG HEUER
33Max VERSTAPPEN
27Nicolas HULKENBERGRENAULT SPORT
FORMULA ONE TEAM
RENAULTRENAULT
55Carlos SAINZ Jr
11Sergio PEREZ MENDOZASAHARA FORCE INDIA
F1 TEAM
FORCE INDIAMERCEDES
31Esteban OCON
 TBCALFA ROMEO SAUBER F1 TEAMSAUBERFERRARI
 TBC
5Sebastian VETTELSCUDERIA FERRARIFERRARIFERRARI
7Kimi RAIKKONEN
 TBCRED BULL TORO ROSSO HONDASCUDERIA
TORO ROSSO
HONDA
 TBC
 TBCWILLIAMS
MARTINI RACING
WILLIAMSMERCEDES
 TBC


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / トロロッソ / レッドブル / ホンダF1