ジョン・ブース
マノーの元チーム代表であるジョン・ブースが、トロ・ロッソのレーシングディレクターに就任。コンサルタント的な役割を担うことになった。

ジョン・ブースは、オーナーのスティーブン・フィッツパトリックとのチーム運営の方向性の違いにより、当時のスポーティングディレクターであるグレアム・ロードンと共に2015年末をもってマノーを離脱した。

その後、ジョン・ブースは、グレアム・ロードンと共にFIA世界耐久選手権(WEC)にマノーの名を掲げたチームを設立。今後はWECでの役割と同時に、トロ・ロッソの相談役としてF1に戻ることになる。

「スクーデリア・トロ・ロッソのような基礎が確立し、競争力を持ったチームに加入できたことは非常に名誉あることだ。トロ・ロッソは比較的短い期間で多くのことを成し遂げてきた。今週末のソチからフランツ(トスト/チーム代表)やチームと仕事を始めるのが待ちきれない」とジョン・ブースは述べた。

チーム代表のフランツ・トストは「ジョンとは長年の知り合いであり、彼をチームに迎えることができて嬉しく思う。F1は、最近のタイヤやマシンセットアップ、無線等の変化により、さらに複雑さを増している。したがって、コンペティティブなマシンと才能あるドライバーを起用することだけでは十分ではない。我々には両方が備わっているがね。ジョンはその膨大な経験をもって、チームが調子を上げ、レース週末を通してより実戦力のあるチームになる助けになってくれると確信している」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロロッソ