ダニール・クビアト
トロ・ロッソは、ダニール・クビアトを2014年のレースドライバーに起用することを発表した。

レッドブルの育成プログラムの一員である19歳のロシア人ドライバー、ダニール・クビアトは、今年GP3に参戦し、最終ラウンドを残してランキング2位につけている。また平行してヨーロッパF3選手権にも参戦している。

「素晴らしいニュースですし、夢が叶いました。このような極めて貴重な機会を与えてくれたレッドブルとトロ・ロッソに感謝したいです」とダニール・クビアトはコメント。

「カートを初めてからずっとF1にたどり着きたかったですし、来シーズン、その願いが現実のものになります。シルバーストンテストでトロ・ロッソで走ったときに、チームとの短い作業を味わい、その経験をとても楽しみました。僕がイタリアを拠点にして、イタリア後を話すことは、素早くチームの一員になるために役立つと思います」

トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは「レッドブル・ジュニア・プログラムからドライバーを連れてくるという方針を続けられて嬉しく思う」とコメント。

「ダニールは、非常に才能のあるドライバーであり、それは全てのジュニア・カテゴリーの結果から見ることができる。彼は非常に成功したカードドライバーだったし、2012年にはフォーミュラ・ルノー2.0選手権で7勝を挙げ、タイトルを獲得している。今年、彼はFIAヨーロッパF3選手権で6ラウンドを戦い、1勝、5度のポール、5度の表彰台を獲得している」

「それに加え、彼はまだGP3選手権でリーダーから7ポイント差で優勝できるポジションにいる。彼はシルバーストンでの若手ドライバーテストで力強いパフォーマンスと非常に有益な技術フィードバックで我々のチームに感銘を与えた」

「それは彼が進歩できる基本的な品質を全て兼ね備えていることを示している。ダニールは彼のF1キャリアを出来る限り最高のカタチでスタートするために我々の若手トレーニングの全ての経験を利用してくれると確信している」

ダニール・クビアトは、7月にシルバーストンで開催された若手ドライバーテストにトロ・ロッソから参加し、ヘルムート・マルコにも好印象を与えていた。

「我々が彼をクルマに乗せた際の彼の努力は注目に値した」とヘルムート・マルコはコメント。

「若いドライバーが、才能、情熱、高水準の労働観を証明すれば、我々は彼にチャンスを与える。それが我々がクビアトを選んだ理由だ」

ダニール・クビアトは、2014年にジャン・エリック・ベルニュとともにトロ・ロッソを走らせる。



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | ダニール・クビアト