トロ・ロッソ ルノー
トロ・ロッソは、ルノーとエンジン契約を結んだことを正式発表した。

トロ・ロッソは、2007年からフェラーリのエンジンを使用してきたが、新しいV6ターボエンジンが導入される2014年からは姉妹チームのレッドブルと同じルノーのパワーユニットを搭載する。

トロ・ロッソのチーム代表フランツ・トストは「新しいレギュレーションによって面白いチャレンジが訪れる2014年シーズンからルノーのパワーユニットを使用することで合意に達したことをとても嬉しく思っている」とコメント。

「来年にむけて出来る限りの準備をするために、早くに我々のプランをまとめられたのは特に重要なことだ。ルノーとの作業を楽しみにしつつ、2007年から我々のエンジンサプライヤーであるフェラーリにも感謝したい。彼らは非常に効果的で信頼性のあるエンジンと素晴らしいサービスを提供してくれた」

レッドブルのチーム代表クリスチャン・ホーナーは「レッドブルとルノーにとって、スクーデリア・トロロッソが2014年シーズンからインフィニティ・レッドブル・レーシングと同じパワーユニットを使うことは戦略的にパーフェクトだ」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: トロ・ロッソ | ルノー