エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、新しい燃料制限により、2014年は“より耐久レースのような”チャンピオンシップになると考えている。

2014年にドライバーが適応しなければならない変化のひとつは、100kgに制限されるレースでの燃料搭載量となる。それは昨年よりもほぼ60kg少ないことになり、エイドリアン・スーティルはそれを耐久レースに例えた。

「特に序盤戦は、クルマが持っているものを最大化することが競技面での最大のチャレンジになるだろう」とエイドリアン・スーティルはザウバー C33の発表会でコメント。

「燃料管理が一番のトップになるといえる。過去にはレースを通して本気でプッシュしていたし、それほど集中しなくても良かったことだ」

「今後はより耐久レースのようになるかもしれない。ある程度の燃料を最後まで持たせなければならない。かなりチャレンジだし、僕たちドライバーにとっては、学習し、準備しなければならないがかなり多くのことがある」

今年、エイドリアン・スーティルは、長年過ごしてきたフォース・インディアを離れてザウバーに移籍した。

「同じチームで6年過ごして、新しいチャレンジを探すタイミングだった。ザウバーF1チームには成功した将来があるし、それを確実にするために成すべきことをしていくつもりだ」

「近年、チームはポテンシャルを繰り返し示してきた。特に割くシーズンの後半はね。それに基盤に関して言えば、ザウバーF1チームは誰にも負けない。チャレンジが待ち切れない」

画像

関連:ザウバー、C33を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エイドリアン・スーティル / ザウバー