エイドリアン・スーティル
エイドリアン・スーティルは、2014年に移籍するザウバーでF1キャリア初の表彰台を獲得できると自信をみせている。

フォース・インディアで過ごした6シーズン(2007年はスパイカー)でのエイドリアン・スーティルのベストリザルトは、予選で2番手につけた2009年のF1イタリアGPでの4位となっている。

だが、エイドリアン・スーティルは、2014年のザウバーへの移籍が、表彰台をもたらしてくれることを期待している。

「僕たちは成功すると確信しているし、初表彰台に期待している」とエイドリアン・スーティルはコメント。

「ザウバーは過去に何度か表彰台に上がっているし、それが僕が望んでいることだ」
だが、エイドリアン・スーティルは、2014年に導入される変化についてはあまりわかっていないと認める。

「正直、僕が知っているのは、ザウバーがすでにクラッシュテストに合格しているということだけだ」

「それ以上のことはまだわからないし、2014年のフォース・インディアのマシンについても何もわからない」

エイドリアン・スーティルは、フォース・インディアと別々の道を歩むと決めてから、ザウバーは選択肢にあったと述べた。

「僕たちは長い間コンタクトをとっていた。フォース・インディアで良い6年を過ごした後、変化がほしいというのが僕の願いだった。そして、ザウバーが僕のプライオリティだった。僕のマネジャーが彼らと秋以降コンタクトをとっていたし、その頃に僕は初めてヒンウィルのファクトリーに行った」

2014年のドライバーはキャリアを通じて使用する固定ナンバーを選ぶことができるが、エイドリアン・スーティルは第一希望の数字が手に入ると自信をみせている。

「もう自分のナンバーは選んだよ。そう、僕のお気に入りは伝えたけど、公式になるまで秘密だ!」

関連:ザウバー、エイドリアン・スーティルとの契約を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / エイドリアン・スーティル / ザウバー