SUPER GT
2017年 SUPER GTの開幕戦「OKAYAMA GT 300km RACE」が岡山国際サーキットで開幕。9日(日)に決勝レースが行われた。

開幕戦を制したのは#37 KeePer TOM'S LC500(平川亮/ニック・キャシディ)。2位には#6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ)、3位は#1 DENSO KOBELCO SARD LC500(ヘイキ・コバライネン/平手晃平)が続き以下、6位までレクサス勢が独占する結果となった。

ポールのARTA NSX-GTにトラブル!? レースはLC500同士の戦いに

朝まで残っていた雨の影響もあり、明け方の岡山国際サーキットのコース路面はウエットであった。しかし、午後になり曇りがちの天候も日が射すようになり、コースコンディションは改善。決勝レースを前に、完全なドライとなった。

82周で争われるSUPER GT第1戦岡山の決勝レースは、岡山県警の白バイ2台が先導するパレードラップを1周行った。だが、この最初のスタートで5番グリッドにいたNo.17 KEIHIN NSX-GT(小暮卓史)がスタートできないというトラブルが発生。全車が走行を始めた後に、なんとかエンジンをスタートするものの、最終コーナー手前で再びストップ。さらに、フォーメーションラップ中にモスSコーナーで。今度はポールポジションのNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀)がストップ。これでレースは赤旗が出されることとなった。NSXの悲劇はこれで終わらず、全車が整列しなおすためにストレートに戻ってきたところで、さらにNo.64 Epson Modulo NSX-GT(ベルトラン・バゲット)も止まってしまったのだ。

この決勝スタート前の波乱を経て、午後2時54分に、1周減算の81周でレースがスタートとなった。トップはNo.6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋和也)に変わり、No.37 KeePer TOM'S LC500(ニック・キャシディ)、No.38 ZENT CERUMO LC500(立川祐路)、No.19 WedsSport ADVAN LC500(関口雄飛)、そして5番手にNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤英紀)がつける。レーススタート直後の2周目のヘアピンで、勝負に出たNo.37 KeePer TOM'S LC500(キャシディ)がタイヤスモークを上げながらコーナーへ進入しトップへ浮上し快走を続ける。

しかし、順調に進み始めたレースも6周目、残っていた2台のNSXのうちの1台、8番手を走行していたNo.100 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)が、バックストレートで他のNSX-GT同様にストップ。同時にGT300のNo.52 埼玉トヨペットGreenBraveマークX MCがクラッシュしたことでセーフティカーが入る。

この後の再スタートでもNo.37 KeePer TOM'S LC500(キャシディ)はトップをキープし、LC500勢は快調に飛ばしていく。なんとかこのLC500勢に食らいついていたNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(武藤)はじりじりと順位を下げ、下馬評通りLC500の6台によるトップ争いとなっていくことになった。

終盤は37号車の平川と6号車のカルダレッリの激闘に

その後もLC500同士のつばぜり合いは激しく、17周目にNo.36 au TOM'S LC500(ジェームス・ロシター)がNo.19 WedsSport ADVAN LC500(関口)のミスを捉えて順位を上げ、22周目にはバックマーカーのパスのタイミングをうまくねらってNo.38 ZENT CERUMO LC500(立川)がNo.6 WAKO'S 4CR LC500(大嶋)をパス。27周目のバックストレートエンドではNo.1 DENSO KOBELCO SARD LC500(コバライネン)と関口が当たって19号車がコースオフしてしまう。

30周あたりから、各車がピットインし、GT500クラスの全車がピット作業を終えてコースに戻るが、その後半を担当するドライバーでもLC同士の戦いは白熱。2番手争いのNo.36 au TOM'S LC500(中嶋一貴)とNo.6 WAKO'S 4CR LC500(アンドレア・カルダレッリ)は、41周目のバックストレートエンドで競り合って、au TOM'S LC500の一貴がコースオフをしてしまう。

そしてレースも終盤となる53周目、2コーナーでGT300のNo.50 Ferrari 488 GT3がクラッシュ。セーフティカーが3度コースイン。少しずつ開きかけていた各車両の間隔は再び詰まり、ギャップがなくなった状態で再開され、残り20周での激しいスプリントレースの様相となった。

中でもNo.37 KeePer TOM'S LC500の平川とNo.6 WAKO'S 4CR LC500のカルダレッリは、コーナーで、ストレートでGT300の集団と重なりながら、激しいサイド・バイ・サイドを繰り返した。後続のLC500勢でもバトルが展開され、そのさばき方も実に見事。見ごたえたっぷりのレース終盤となった。

しかし、追うNo.6 WAKO'S 4CR LC500の目の前で、GT300の2番手争いを行っていたNo.25 VivaC 86 MCがスピン。クラッシュは避けたものの、これでトップNo.37 KeePer TOM'S LC500との差が開いてしまう。これで楽になったNo.37 KeePer TOM'S LC500が、先頭でチェッカーを受けた。2、3位はNo.6 WAKO'S 4CR LC500、No.1 DENSO KOBELCO SARD LC500と。LC500が表彰台を独占。いや、結果的には参戦6台のLC500でトップ6を手中にした。

GT500全車が新型となった今シーズン。誰が勝っても新車初勝利であったが、ベース車ブランドも新たになったレクサスLC500が記念すべき勝利一番乗りを果たした。平川にとっては3勝目で、内2勝がここ岡山だ。キャシディは嬉しい初勝利であった。

8番手以降に沈んでいたGT-R勢では、当初はNo.24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)がトップを走っていたが、25周目にNo.12 カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/ヤン・マーデンボロー)がこれをパスし、さらにドライバーを交代でNo.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生)がGT-R勢トップに立つとそのまま7位でチェッカーした。

スタート直後にトラブルに見舞われたNSX-GT勢では、8号車、100号車の2台が早々にリタイア。その他の車両はトラブルの出た電装パーツを交換してレースを継続する。トラブルの出なかった16号車がNSX-GT最上位となる9位でフィニッシュした。

SUPER GT 2017年 開幕戦 岡山 結果:GT500

順位No.車名ドライバータイヤ
137KeePer TOM'S LC500平川亮
ニック・キャシディ
BS
26WAKO'S 4CR LC500大嶋和也
アンドレア・カルダレッリ
BS
31DENSO KOBELCO SARD LC500ヘイキ・コバライネン
平手晃平
BS
438ZENT CERUMO LC500立川祐路
石浦宏明
BS
536au TOM'S LC500中嶋貴
ジェームス・ロシター
BS
619WedsSport ADVAN LC500関口飛
国本雄資
YH
723MOTUL AUTECH GT-R松田次生
ロニー・クインタレッリ
MI
812カルソニック IMPUL GT-R安田裕信
ヤン・マーデンボロー
BS
916MOTUL MUGEN NSX-GT武藤英紀
中嶋大祐
YH
1024フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R佐々木大樹
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
YH
1117KEIHIN NSX-GT塚越広大
小暮 卓史
BS
1264Epson NSX-GTベルトラン・バゲット
松浦孝亮
DL
1346S Road CRAFTSPORTS GT-R本山哲
千代勝正
MI
14100RAYBRIG NSX-GT山本尚貴
伊沢拓也
BS
158ARTA NSX-GT野尻紀
小林崇志
BS


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: SUPER GT