ホンダ スーパーフォーミュラ
ホンダは、2019年の全日本スーパーフォーミュラ選手権への参戦体制を発表した。

ホンダは1月11日(金)に「Honda Racing 2019 キックオフプレゼンテーション」と題して2019年シリーズにおけるモータースポーツ活動の体制発表を実施。スーパーフォーミュラの参戦体制を発表した。

2019年のホンダ陣営は各チームのドライバーの顔ぶれが大きな変化する。

昨年のチャンピオンである山本尚貴と福住仁嶺がTEAM MUGENからDANDELION RACINGに移籍。TEAM MUGENには、野尻智紀が移籍し、マカオGPを2連覇したレッドブルのジュニアドライバーのダニエル・ティクトゥムとチームを組む。

また、モト・パークと組んで参戦するB-Max Raicingには、レッドブルの育成ドライバーであるルーカス・アウアーとレッドブルのデザイナーであるエイドリアン・ニューウェイの息子ハリソン・ニューウェイが加入。

また、Nakajima Racingは、アレックス・パロウと牧野任祐のコンビで戦う。

チーム名No.ドライバー
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
(ドコモ・チーム・ダンディライアン・レーシング)
1山本 尚貴
(ヤマモト・ナオキ)
5福住 仁嶺
(フクズミ・ニレイ)
TEAM MUGEN
(チーム・ムゲン)
15Daniel Ticktum
(ダニエル・ティクトゥム)
16野尻 智紀
(ノジリ・トモキ)
REAL RACING
(リアル・レーシング)
17Tristan Charpentier
(トリスタン・ シャルパンティエ)
B-Max Racing team
(ビーマックス・レーシング・チーム)
50Lucas Auer
(ルーカス・アウアー)
TBAHarrison Newey
(ハリソン・ニューウェイ)
TCS NAKAJIMA RACING
(ティーシーエス・ナカジマ・レーシング)
64Alex Palou
(アレックス・パロウ)
65牧野 任祐
(マキノ・タダスケ)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: スーパーフォーミュラ