F1 レッドブル スーパーフォーミュラ
レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが来日し、スーパーフォーミュラが開催されているツインリンクもてぎでを訪問。F1のための非常に良いトレーニングの場だと語り、来季、育成のためにレッドブルのジュニアドライバーを送り込む可能性を示唆した。

昨年、レッドブルは現在トロロッソ・ホンダのF1ドライバーを務めるピエール・ガスリーをスーパーフォーミュラに送り込んでおり、今年もF2に参戦する福住仁嶺の代役としてダニエル・ティクトゥムをスポット参戦させた。

今回のスーパーフォーミュラ視察についてヘルムート・マルコは「初めてだが、実際にスーパーフォーミュラを観てみたかった」とコメント。

「昨シーズン、ピエール・ガスリーのパフォーマンスと成長は印象的だったし、来年に我々の他のドライバーをスーパーフォーミュラに送り込めるかどうかを見たいというのも理由だ」

予選を観戦したヘルムート・マルコは「クルマは速いし、タイヤのベストを引き出すのが難しいように見える」とコメント。

「全体的に非常に印象的だと言わなければならないし、F1のための非常に良いトレーニングの場になると思う」

レッドブル・レーシングは来季からホンダのF1パワーユニットを搭載することになっており、もてぎはホンダのHRDさくらに近い。会場にはホンダのモータースポーツ部長を務める山本雅史の姿もあり、来季以降にむけて様々なことが話し合われることになるだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: スーパーフォーミュラ | レッドブル