ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、2012年にウィリアムズでレースをすると彼の支援者のひとりが述べている。

そう語るのは持株会社EBXを率いるブラジルの億万長者エイケ・バチスタ。彼は、ブルーノ・セナが昨シーズン中盤にロータス・ルノーGPのニック・ハイドフェルドのレースシートを買収するのを手助けした人物だ。

昨年、ブルーノ・セナの加入が発表された直後、ロータス・ルノーGPは石油および天然ガス会社である「OGX」との契約を発表。

ブルーノ・セナのスポークスマンは、OGXの持株会社であるEBXとの契約であることを認めていた。

エイケ・バチスタは、ブルーノ・セナの次の動きについて「単純だ。彼はウィリアムズでレースをする」と O Estado de S.Paulo に述べた。

関連:ウィリアムズ、ブルーノ・セナとの契約を発表 - 2012年1月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ウィリアムズ