ブルーノ・セナ
ブルーノ・セナは、ロータスの2012年のシート獲得に失敗したに関わらず、2011年後半の8レースに出場したことを後悔してはないと述べた。

ブルーノ・セナは、予選で4度トップ10入りし、イタリアGPでは初ポイントとなる9位入賞を果たしてポテンシャルを示した。

しかし、ブルーノ・セナは一貫してそのようなパフォーマンスを示すことはできず、ロータスは、2012年のドライバーとしてキミ・ライコネンとロマン・グロージャンの起用を決定した。

ブルーノ・セナは、2012年のウィリアムズのシート候補として残っており、F1に復帰したことはポジティブにしか考えていないと述べた。

「F1での僕のプロフィールを大きく高めてくれた」とブルーノ・セナは AUTOSPORT にコメント。

「それまでの僕には2010年のイメージから残っていなかったので素晴らしいチャンスだった」

「今、僕のプロフィールは高まっているし、これまでよりもずっと高くなっている。今、シートは僕のものではないけど、全体として今はより良いポジションにいる」

ブルーノ・セナは、ロマン・グロージャンを起用するというルノーの最終的な決定は驚きではなかったとし、ロマン・グロージャンにちてのニュースが明かされる頃にはすでに他のチャンスを探していたことを認めた。

「チームには優れたポテンシャルがあるので、そこにいられないことはもちろん期待外れだったけど、特に驚きではなかった。安全ではないことはわかっていたので、他のオプションを探していた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ブルーノ・セナ / ルノー / ロータス