ミハエル・シューマッハのF1カー『フェラーリF2003』が記録的な価格で落札
ミハエル・シューマッハが2003年にF1ワールドチャンピオンを獲得したF1カー『フェラーリ F2003』がオークションで記録的な価格で落札された。

スイス・ジュネーブで開催されたオークションで、ミハエル・シューマッハのが6回目のタイトルを獲得した『F2003』は、約1500万ドル(約22億円)で落札され、近代史上最も価値のあるF1カーとなった。

事前予想額の最高950万スイス・フラン(約14億円)と予想していた競売大手サザビーズは「この卓越した車は、近代F1カーの史上最高額を記録した」と述べた。

これまでの最高額は5年前にニューヨークで開催されたオークションで『フェラーリ F2001』が記録した750万ドル(当時約8億4000万円)だった。これもミハエル・シューマッハがドライブしたF1カーだ。

今回オークションにかけられたフェラーリのF1カーは『F2003-GA(シャシー番号229)』であり、ミハエル・シューマッハの6回目のF1 タイトルに大きく貢献した。このシャシーで、スペイン、オーストリア、カナダ、イタリア、アメリカでレースに勝利し、さらにモナコとフランスで3位に入賞している。また、1シーズンに5回以上の勝利を収めた4台のミハエル・シューマッハのフェラーリF1のシャシーの1台でもある。

2003年のタイトル獲得で、ミハエル・シューマッハは6回のタイトルを獲得した唯一のドライバーとなった。前年、シューマッハは、F1で5回のチャンピオンシップを獲得し、ファン・マヌエル・ファンジオに並んでいた。

また、フェラーリは、ウィリアムズBMW およびマクラーレンとのシーズンにわたる戦いの後、2003年に13 回目のコンストラクターズ チャンピオンシップを獲得した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / フェラーリ / F1マシン