ミハエル・シューマッハ、1998年にマクラーレンF1と秘密裏に交渉
ミハエル・シューマッハとフェラーリは1990年代後半にマクラーレンと激しい競争を繰り広げていたが、ノルベルト・ハウグは、1998年にシューマッハをマクラーレンF1に移籍される試みが行われたと述べた。

ミハエル・シューマッハは、1991年にジョーダンでF1チャンスを得る前に、メルセデス・ジュニアのレースプログラムで名を馳せていたた。その後、ベネトンとフェラーリで成功を収め、2000年にフェラーリの21年間のタイトル干ばつを終わらした。

元メルセデス・ベンツのモータースポーツ副社長のノルベルト・ハウグは、ミハエル・シューマッハがフェラーリでタイトルを獲得する前に、マクラーレンF1に移籍させるための秘密の会談が行われたが、その動きは実現しなかったと Beyond theGrid で明らかにした。

「ミハエルのことは、私がジャーナリストで、彼がF3のドライバーだったときから知っていた。彼はメルセデスに入る前にそこにいた」とノルベルト・ハウグは語った。

「1991年のスパで我々はミハエルをジョーダンで走らせた。彼は1992年にはベネトンに移籍し、2年後にはワールドチャンピオンになった」

「彼はフェラーリに移籍し、2000年に最初のワールドチャンピオンを獲得するまで5年かかった。我々は激しい競争相手だった、レーストラックとパドックでは常に良好な関係を築いていた」

「いつか一緒にレースをする必要があると冗談を言っていた。1998年に何度か秘密の交渉があったが、それはまとまらなかった」

ノルベルト・ハウグは、エイドリアン・ニューウェイが設計したマクラーレンの競争力のあるF1マシンが大きなセールスポイントだったと説明した。

「理論的にはそれは実現したかもしれない。だが、まとまらならなかった」とノルベルト・ハウグは付け加えた。

「完全に不可能なことではなかった。1998年の我々(マクラーレン)は新しいエイドリアン・ニューウェイのマシンで本当に優れていたし、どんなドライバーにとっても魅力的だった」

「ミハエル・はもっと早い段階でチャンピオンシップに勝つことができた。彼は1999年に事故がなければ勝つことができたし、我々2000年にマシンの故障がなければ勝つことができた。晴らしい期間であり、非常に激しい戦いだった。2000年のスパでのレースで最もよく描写されている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ミハエル・シューマッハ / フェラーリ / マクラーレン