F1 ミハエル・シューマッハ
ミハエル・シューマッハの公式SNSアカウントで、コリーナ夫人、長女ジーナ=マリア、長男ミックの3ショット写真が公開された。

今年、ミハエル・シューマッハの50歳の誕生日であり、7度のF1ワールドチャンピオンのうちの最初の栄冠を手にしてから25周年とシューマッハ家にとってはメモリアルな一年となった。フェラーリはマラネロで特別展を開催し、ミハエル・シューマッハの公式アプリもリリースされた。

ミハエル・シューマッハの公式アカウントでは、誕生日へのファンからのサポートに感謝を示すとともに、メキシコシティのレース・オブ・チャンピオンズで撮影された家族との3ショット写真が公開された。

「過去4週間のすべての親愛なる願いをありがとう! 今年はミハエルの50歳の誕生日と最初の世界選手権での勝利の25周年記念で飾られた特別な年です。私たちと同じようにみなさんが彼のキャリアを祝うのを楽しんでいるのを見るのは嬉しいことです」

ミック・シューマッハは、今年のレース・オブ・チャンピオンズのネイションズカップの戦いで姉ジーナ=マリアを助手席に乗せてレースに勝利している。

「エリオ・カストロネベスとのレースでは姉のジーナを助手席に乗せることもできた。そのレースで勝てたのは彼女が運をもたらしてくれたと思うし、彼女と勝てたのも嬉しい」とミック・シューマッハは語った。

ミハエル・シューマッハは、2013年12月29日にフランス・グルノーブルのメリベル・リゾートでスキーを楽しんでいる最中に転倒して頭を岩に強打して頭部に重傷を負い、現在もスイスの自宅で療養を続けている。

息子のミック・シューマッハは、父親の意思を受け継いでレーシングドライバーとして活躍しており、昨年はヨーロッパF3選手権でチャンピオンを獲得。今年はかつて父親が黄金時代を築いたフェラーリの育成プログラム『フェラーリ・ドライバー・アカデミー』に加入。プレマパワーからF2に参戦し、F1ドライバーになるための階段を上っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | ミック・シューマッハ