ミハエル・シューマッハ
ロス・ブラウンは、ミハエル・シューマッハが、現在メルセデスが味わっている成功の一役を担ったと考えている。

かつてフェラーリでF1記録を塗り替え続けたロス・ブラウンとミハエル・シューマッハは、メルセデスがワークスチームとしてF1に復活した2010年から2012年までチーム代表とドライバーとして共に働いた。

ロス・ブラウンは、メルセデス時代について「初期シーズン、我々はもはや成功を収めなったが、彼の献身は何も変わらなかった」

「勝利はまだ彼のDNAの一部だった」

「現在メルセデスが味わっている成功んためにミハエルがどれくらいのことをしたかについて過小評価するべきではない」

ミハエル・シューマッハのキャリアを振り返り、ロス・ブラウンは、これまでにF1でレースをしたなかで最も偉大なドライバーのひとつだと結論づけるだ。

「彼は、我々が勝てるはずないと思っていたレースで勝った」とロス・ブラウンはフェラーリ時代を振り返った。

「そして、私の意見では、ミハエルは他の誰よりもしばしばそれを実現した」

現在、報じられたところでは、ロス・ブラウンは、スキー事故以来、ミハエル・シューマッハを見舞った数少ない人々のひとりとされている。

ロス・ブラウンは、ミハエル・シューマッハは私人であるとしてプライバシーを守るという家族の決定を擁護する。

「ひとりのミハエル・シューマッハは、一般の人々とメディアのためのものだったが、もう一人のミハエルは私人だった」

ミハエル・シューマッハのスキー事故から2年が経過したが、実際の容体についてはほとんど知らされていない。

Il Giornale は、「ミハエル・シューマッハは、技術的に目を覚ましており、彼の目は開いている」とのF1インサイダーのレオ・トゥッリーニのコメントを紹介。

「しかし、彼は周りの環境や彼に会う権利のある数少ない人々を認識していないようだ」

「テレビでF1がやっていても彼は反応しない」

La Gazzetta dello Sport も同様の報道をしており、ミハエル・シューマッハが「どんなカタチであれ、コミニュケーションはとれない」と非公式に主張している。

「彼の体重は45〜48kgであり、動くことはできない」

しかし、ミハエル・シューマッハの家族、そして、ロス・ブラウンのような親しい友人は諦めていない。

「ミハエルは、彼の前にはほとんどの人が歩いてこなかった道にいる」とロス・ブラウンは語る。

「彼は、以前に何度も我々を驚かせてきた男だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ミハエル・シューマッハ | メルセデス