ギド・ヴァン・デル・ガルデ
ザウバーとギド・ヴァン・デル・ガルデをめぐる一件にバーニー・エクレストンが介入し、騒動が終わりを迎えたとオランダメディアが報じている。

De Volkskrant によると、ザウバーでレースをする権利を主張していたヴァン・デル・ガルデに対して1,500万ユーロ(約19億3,000万円)が支払われるとされ、他の報道機関によれば今後数時間でCredit Suisse の口座から振り込まれるという。

Algemeen Dagblad は、ギド・ヴァン・デル・ガルデのマネジャーを務めるヤン・ポール・テン・フーペンが今週後半に何らかの発表をする見込みだと伝えている。

補償金は、ザウバーとの2年の契約期間(2014年と2015年)と訴訟費用に基づいて計算されたされ、これによってギド・ヴァン・デル・ガルデは完全に訴えを取り下げるとされている。

先週末は、メルボルンの法廷とパドックからネガティブな見出しが世界中に発信され、F1最高権威のバーニー・エクレストンがロンドンのオフィスから慌ただしい交渉に介入していたようだ。

交渉において、ギド・ヴァン・デル・ガルデの支援者であり、義理の父で億万長者のマルセル・ボークホーンがバーニー・エクレストンに個人的に接触していたという。

また、今回の取り決めにはマルセル・ボークホーンによるザウバー株の取得も含まれている可能性が噂されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ザウバー / ギド・ヴァン・デル・ガルデ