ザウバーの2017年01月のF1情報を一覧表示します。

ザウバー、2018年からホンダのF1エンジンを搭載?

2017年1月18日
ザウバー ホンダ
ザウバーが2018年にホンダのF1エンジンを搭載すると報じられている。

Auto Motor und Sport は、ザウバーはフェラーリとのエンジン契約を更新しなかったと報道。それによってホンダはザウバーにエンジンを供給せざるを得なくなるとしている。

2015年にマクラーレンのワークスパートナーとしてF1に復帰したホンダは厳しいシーズンを過ごしてきたが、2017年には完全に新設計されたエンジンを投入する。

ザウバー、パスカル・ウェーレインの加入を正式発表

2017年1月16日
パスカル・ウェーレイン
ザウバーは、2017年のドライバーとしてパスカル・ウェーレインを起用することを正式発表した。

メルセデスの育成ドライバーであるパスカル・ウェーレイン(22歳)は、2016年にマノーでF1デビュー。戦闘力の劣るマシンでF1オーストリアGPで10位入賞を果たすなど、ポテンシャルの高さを示した。

パスカル・ウェーレインは、フェリペ・ナッセの代わりとしてザウバーに加入することになる。

パスカル・ウェーレイン 「ザウバーの一員になることができて嬉しい」

2017年1月16日
パスカル・ウェーレイン
公式発表はなされていないが、パスカル・ウェーレインは、2017年にザウバーに移籍することを認めている。

パスカル・ウェーレインは、引退したニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスの候補に挙げられていた。

だが、最近の報道では、メルセデスとザウバーとの間でパスカル・ウェーレインの加入について合意がなされたと報じられていた。

ザウバー、パスカル・ウェーレインの起用で合意との報道

2017年1月2日
パスカル・ウェーレイン
ザウバーは、2017年のドライバーとしてパスカル・ウェーレインを起用することでメルセデスと合意したと複数の情報源が報じている。

当初、パスカル・ウェーレインは、ニコ・ロズベルグの後任としてメルセデスのドライバー候補に挙げられていたが、メルセデスはルイス・ハミルトンのチームメイトとしてバルテリ・ボッタスを起用することを決断したとされている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム