ニコ・ロズベルグ 「メルセデスF1のラッセルの昇進はハイリスク」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、2022年にジョージ・ラッセルがルイス・ハミルトンと同じペースを発揮することになれば、メルセデスF1の状況は“本当に激しい”ものになる可能性があると語る。

ニコ・ロズベルグは、チームメイト同士が優勝を争っているときにメルセデスF1の雰囲気がどのように変化するかをよく知っており、7回のF1ワールドチャンピオンに挑戦すルことになった場合、ジョージ・ラッセルを昇進させるというトト・ヴォルフの決定にはリスクがあると考えている。

2020年のF1サヒールGPでルイス・ハミルトンの代役を務め、今週のアブダビF1テストで2日間のテストを完了したジョージ・ラッセルは、新しい環境にすでに慣れており、自信を刺激することになると考えている。

「バーレーンのレースがジョージを最も助けると思う。バルテリはリファレンスとなり、彼はバルテリが予選でルイスとどのように進めてきたかを知っている。彼らはしばしば互角でだったし、バーレーンでは得にそうだった」とニコ・ロズベルグはコメント。

「そして、ジョージはすぐにバルテリと同じレベルにいた。ジョージは仕事を成し遂げることができ、十分に速くなるという大きな自信を得るだろう」

「リスクが非常にかなり高く、トトにとっては難しい決断だった。ジョージがルイスとまったく同じペースを発揮した場合、チーム内で非常に激しくなる可能性がある」

「多くの未知数がある。ジョージは常に退くだろうか? それとも抵抗するだろか? それは見るのがとても素晴らしいだろう」

マーティン・ブランドルは、シーズンを通したバルテリ・ボッタスとのペースの違いを考えれば、ジョージ・ラッセルを起用することに関して、ニコ・ロズベルグとは逆の意見を持っている。

バルテリ・ボッタスは、比較的活気のないシーズンを凄い、それが来年に向けて変更を加えることを促した。

マーティン・ブランドルは、F1アブダビGPでバルテリ・ボッタスが上位争いに絡んでいなかったことが、トト・ヴォルフとメルセデスF1がジョージ・ラッセルを昇進させた理由だと語る。

「(アブダビの)バルテリは、なぜバルテリがチームを未来に導く人物ではない理由を示す良い例だったし、簡単な決断だったと思う」とマーティン・ブランドルは語った。

「ルイスは、あと2シーズン、何のために続けるのか? マックス・フェルスタッペン、シャルル・ルクレール、カルロス・サインツと将来戦うために、彼らはヤングガンを必要としていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / メルセデス / ジョージ・ラッセル