ニコ・ロズベルグ、フェラーリの同士討ちは「ベッテルは動くのが早すぎた」
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、F1ブラジルGPのフェラーリの同士討ちについて前に出たセバスチャン・ベッテルがシャルル・ルクレールの方に移動するのが“少し早すぎた”ことと語る。

エンジン交換によるグリッド降格ペナルティで14番グリッドからスタートしたシャルル・ルクレールは、着実に順位を上げて表彰台争いまで挽回していた。

レース終盤、シャルル・ルクレールは、ターン1でセバスチャン・ベッテルを抜いて4番手に浮上し、ベッテルはターン4でリードを取り戻そうとした。

右側からシャルル・ルクレールを抜いたセバスチャン・ベッテルはだが、2台は接触して、ベッテルはパンク、ルクレールはサスペンションを壊してダブルリタイア。フェラーリは大量ポイント獲得のチャンスを失った。

ニコ・ロズベルグは、フェラーリの二人のバトルをエンターテインメントとして楽しんだが、その戦いは最悪な結果をもたらしたと語る。

「もちろん、彼らとチームにとっては本当にタフなことだし、望んでいる状況ではなかった。本当に酷いものだった。特にフェラーリにいるとき、それは世界で起こりうる最悪の事態だ」とニコ・ロズベルグはコメント。

「だが、同時に残念ながら外部からはエンターテインメントと言う点で我々全員がそのようなインシデントを望んでいる。すべてに多くのスパイスと強烈さを提供するからね」

フェラーリのF1チーム代表を務めるマッティア・ビノットは、事件の直後にいずれのドライバーも責めることを拒否したが、ニコ・ロズベルグはインシデントについて自分の判断を下した。

「以前にあのようなインシデントを経験したことがある。本当に難しいだ。誰もができるだけ絞って、余分なスペースを残さないようにするからだ。それは常に重要なことだ」

「ルクレールはアウトサイドに最小限のスペースしか残していなかったし、ベッテルは自分のクルマが前に出るとすぐにルクレールを絞った。少しでも前に出れば自分が支配的な男であり、どこに行くかを指示できる」

「ルクレールの側の落ち度の方が少し少ないと思う。それが僕の結論だ」

「自分もレースで似たような出来事を経験した。前にいるドライバーは自分がかなりゆっくりと動いていると思うものだし、できるだけ早く別の男のインサイドにプレッシャーをかけることが重要だ」

「前にいる男は動いているし、あと何ミリメートルがあるかは見えないので、『彼が動いている』と気づいたときにはすでに接触している」

「二人とも可能な限りアグレッシブだっただけの小さなことだが、わずかに触れただけで両方のマシンが破壊された」

「だが、ルクレール方が過失は少ないとみている。ベッテルはあまりに早くに動きすぎたし、急だった。だが、それは本当に小さなことだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / フェラーリ / セバスチャン・ベッテル / シャルル・ルクレール