F1 ニコ・ロズベルグ
2016年のF1チャンピオンであるニコ・ロズベルグは、将来的にF1が化石燃料を使わない電気だけで走るレースシリーズに変わることになるだろうと考えている。

2016年のF1世界選手権でチームメートのルイス・ハミルトンを倒して自身初となる悲願のF1ワールドチャンピオンを獲得したロズベルグは、その直後にF1からの電撃引退を発表し、F1関係者やファンを驚かせた。

現在、ニコ・ロズベルグはF1のテレビ解説者を務める傍ら、フォーミュラEやいくつかの電気自動車関連事業に投資をしている。

ニコ・ロズベルグは、将来的はF1マシンもバッテリーのパワーだけで走るようになるはずだとスイスのダボスで開催された世界経済フォーラムの会場で語った。

「もし世界中で電気自動車や水素自動車が買われるようになれば、F1ももうガソリンエンジンでやり続けることはできなくなるだろう」とニコ・ロズベルグはコメント。

「それは意味のないことだからね。どこかの時点で彼らも変化を受け入れなくてはならなくなると思っている」

現在、自動車業界は電化の動きのなかにあり、フォーミュラEには大手自動車メーカーがこぞって参戦するなど成長を続けている。

近年、元F1ドライバーのフォーミュラE参戦が増えてはいるが、F1ドライバーにはアンチフォーミュラEも多数存在する。レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンもそのひとりだ。

最近、FIA(国際自動車連盟)から社会奉仕活動の一環としてフォーミュラEのレースで競技委員のオブザーバーを務めたマックス・フェルスタッペンは、フォーミュラEについて「どんどん面白くなっているみたいだね。でも、現時点では僕は自分がいる場所に満足している」とコメント。

「たぶん、僕は世界中で最後まで石油を買おうとする人のひとりになると思う」

しかし、ニコ・ロズベルグは、そのような価値観も時代の流れとともにすぐに変化していくものだと主張する。

「2年前には誰もが電気自動車なんてごめんだと言っていた。そして、今ではガソリンエンジンのファンの中にも心を開き始めている人たちがいる。ガソリンエンジンはかなりすぐに冷えてしまうからね」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ニコ・ロズベルグ