ニコ・ロズベルグ
ニコ・ロズベルグは、最終ラップで接触したチームメイトのルイス・ハミルトンを非難している。

レースは、終了間際にメルセデスのチームメイト同士が優勝を争う展開。そして、最終ラップのターン2でルイス・ハミルトンが先頭を走るニコ・ロズベルグに仕掛けた。

ブレーキに問題を抱えていたニコ・ロズベルグは、うまくターンインできていないように見え、ルイス・ハミルトンと接触。フロントウィングにダメージを負い、4位でチェッカーフラッグを受けた。

「コーナーにちょっと深く入りすぎたけど、僕はインサイドにいたので問題なかった。僕のコーナーだ」とニコ・ロズベルグはレース後にテレビクルーに述べた。

「ルイスがターンインしてきて、接触を引き起こしたことにはとても驚いた」

「僕たちはバトルをしていた。僕はブレーキにちょっと苦労していた。最後にブレーキがちょっと熱を持っていた。タイヤもタレていて、ルイスにチャンスを与えてしまった」

「それでも、僕は守り切って勝利をホームに持ち帰れると確信していた。僕はインサイドにいた。力強いポジションにね」

「とてもガッカリしている。このスポーツでは時々信じられないことが起こる。レースに勝つと確信していて、最終ラップでそれを失った。かなり強烈だよね」

ニコ・ロズベルグは、レース後の審議対象となっている。

「スチュワードでどう話すかは考えていない。まだ見返していないしね」とニコ・ロズベルグはコメント。

「今は起こったこと、あのようなカタチで勝利を失ったことにフラストレーションを感じている」

一方、ルイス・ハミルトンは「僕はターン2でインサイドに多くのスペースを残していた。たぶん、彼はロックして、僕にぶつかってきたんだと思う」とコメント。

「たぶん、彼はブレーキに問題を抱えていたんだろう」

関連:【動画】 メルセデス、最終ラップで同士討ち / F1オーストリアGP

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ニコ・ロズベルグ / メルセデス / F1オーストリアGP