ニコ・ロズベルグの2022年12月のF1情報を一覧表示します。

元F1王者ニコ・ロズベルグ、ベッテルのF1引退決断のタイミングを疑問視

2022年12月15日
元F1王者ニコ・ロズベルグ、ベッテルのF1引退決断のタイミングを疑問視
元F1ワールドチャンピオンのニコ・ロズベルグは、セバスチャン・ベッテルがF1から引退すると決断したタイミングが適切だったかどうかに疑問を呈している。

モータースポーツのエリートとしてのセバスチャン・ベッテルの15年間の存在感は、2010年から2013年の間にレッドブル・レーシングと53回のグランプリ優勝と4年連続のワールドタイトルを獲得するという傑出した実績を生み出した。

ニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1でナンバー1のフェルスタッペンは楽」

2022年12月12日
元F1王者yニコ・ロズベルグ 「レッドブルF1でナンバー1のフェルスタッペンは楽」
ニコ・ロズベルグは、レッドブルF1でのマックス・フェルスタッペンの明らかなナンバーワンのステータスは、自分がルイス・ハミルトンとメルセデスで耐えたライバル関係と比較して人生を楽にすると語る。

ニコ・ロズベルグとルイス・ハミルトンは、2013年から2016年までメルセデスでペアを組んでいた。最初は調和の取れた関係を楽しんでいたが、コース上でのいくつかの激しい戦いと衝突により、チーム代表のトト・ヴォルフにとってマネジメントが非常に困難であることが判明した論争の的となった関係を築き上げた。

元F1王者ニコ・ロズベルグ、チーム代表としてのF1復帰は「明確にノー」

2022年12月7日
元F1王者ニコ・ロズベルグ、チーム代表としてのF1復帰は「明確にノー」
元F1ワールドチャンピオンであるニコ・ロズベルグは、F1チームの代表としてスポーツに復帰するつもりはないと断言する。

長年のライバルであるチームメイトのルイス・ハミルトンを倒して2016年にF1ワールドチャンピオンを獲得したニコ・ロズベルグは、31歳という若さでF1から引退するという予期せぬ決断をした。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム