リオ・ハリアント
リオ・ハリアントの2016年のF1シートを維持するために、インドネシアで新しいキャンペーンが開始された。

CNN Indonesia の報道によると、インドネシア政府は、リオ・ハリアントがマノーに支払わなければならない残りの420万ユーロを助けるために、Telkomsel、Indosat、Smartfren、XL Axiata、Triのテレコミニュケーション企業5社を組織化。

ファンは、携帯番号に“Rio”というメールを送ると、リオ・ハリアントの小額のスポンサー資金が募金される。

報道によると、1240万のテキストメッセージが7月中旬までに必要だという。

インドネシアの通信大臣は「これをサポートしましょう。一日3回、薬を飲むようなものです」と述べた。

インドネシアの人口は2億5000万人以上で、世界で4番目に多い。

「インドネシアの携帯ユーザー数は多く、全員がこれをすれば、十分な寄付が得られる」と大臣は付け加えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー