リオ・ハリアント(マノー)
リオ・ハリアントが、F1デビューとなる2016年開幕戦F1オーストラリアGPへの意気込みを語った。

リオ、メディアの注目とファンからのサポートで目まぐるしい数週間でしたね。一息つく時間はありましたか?
ほぼなかったよ! でも、不満はない。本当に長い間夢見てきたことだし、あらゆる瞬間を楽しんでいる。僕と母国にとって素晴らしい時間だ。僕にとってサポートは本当に多くの意味があることだ。

今年のプレシーズンテストはかなり短いものでっした。4日間だけです。準備は整っていると感じていますか?
4日しかなかったけど、その時間のなかで多くのことを詰め込んだ。ほぼ全てをカバーできたと思う。シングルラップ、レースシミュレーション、予選シミュレーション、スタート練習、ストップ練習、それに加えて、レース週末の他の手順などね。もちろん、いつだって準備にはもっと時間をかけたいものだけど、準備はできているよ。

適応するために何をしていましたか?
テスト以降、インドネシアにいられたのはラッキーだ。タイムゾーンはかなり近いからね。多くのメディアがメルボルンへ移動しているけど、そうすることができない人のために月曜日にジャカルタで記者会見をした。まだかなり忙しいスケジュールがあるけど、トレーニングプログラムは対処可能だ。応援のために家族も来ているし、トラック外では彼らとの時間を過ごすつもりだ。リラックスしていることが重要だからね。

一番楽しみにしていることは?
全部だよ。残りの人生で忘れられない週末なので全部を楽しみたい。トラックでは初めての予選を楽しみにしている。もちろん、レースもね。でも、予選フォーマットは面白くなると思う。全員にとって新しいものだ。そのあとはもちろんレースだ。スターティンググリッドに着くのはかなり特別だろうけど、それまでにやらなければならないことがたくさんあるからね!

関連:2016年 F1オーストラリアGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: リオ・ハリアント | マノー | F1オーストラリアGP