リオ・ハリアントの2016年08月のF1情報を一覧表示します。

マノー、リオ・ハリアント降板でスポンサーのプルタミナを喪失

2016年8月16日
マノー
マノーは、インドネシア出身のリオ・ハリアントを降板させたことで、プルタミナ(Pertamina)のスポンサーシップを失った。

750万ユーロ(約8億5,000万円)と推定される資金をチームに支払えなかったリオ・ハリアントは、2016年の後半戦でシートをエステバン・オコンに譲ることになった。

リオ・ハリアント 「ドライバーとしてサーキットに戻れることを願ってる」

2016年8月12日
リオ・ハリアント
リオ・ハリアントは、マノーが後半戦で自分に代えてエステバン・オコンを起用した理由は理解していると述べ、将来F1グリッドでシートを確保できることを望んでいると述べた。

リオ・ハリアントは、当初のスポンサーシップが尽きた後でさえレースに参戦してくれたマノーに対して感謝の言葉を述べた。

リオ・ハリアント、リザーブドライバーとしてマノーに残留

2016年8月12日
リオ・ハリアント
マノーは、リオ・ハリアントがリザーブドライバーとしてチームに留まることを発表した。

財政的な問題を抱えたまま前半戦終了までマノーでドライブしたリオ・ハリアントだが、マノーは“最善の利益”を守るためにハリアントをマシンから下ろすことを決め、ルノーのリザーブドライバーを務めていたエステバン・オコンがその後任に選ばれた。

インドネシアのスポーツ省、マノーの決定に“落胆”

2016年8月11日
リオ・ハリアント
インドネシアのスポーツ省は、リオ・ハリアントを残りのシーズンのドライバーから外すというマノーの決定に落胆していると述べた。

リオ・ハリアントは、レースシートを維持するための残りの700万ユーロ(約7億9300万円)のスポンサーシップを見つけることができず、次戦ベルギーGPからはエステバン・オコンが後任を務めることになった。

リオ・ハリアント、マノーのF1シートを喪失

2016年8月10日
リオ・ハリオアン
マノーは、リオ・ハリアントとのレースドライバー契約を解除することを正式発表した。

今年、マノーでF1デビューを果たしたリオ・ハリアントだが、シーズン後半のシートを確保するための資金を集められずにいた。

マノーは、リオ・ハリアントに残り9戦でのリザーブドライバーの枠割をオファーしている。
«Prev || 1 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム