ダニエル・リカルド 「F1界に僕の実力を思い出せることに興奮している」
ダニエル・リカルドは、マクラーレンF1での迫力に欠けるパフォーマンスを向上させるために精神的なジェットコースターに乗っている。

マクラーレンF1でのダニエル・リカルドの将来は、チームメイトのランド・ノリスによって日陰に追いやられ続けていることで、ますます憶測の対象となっている。

2021年に非常に高い期待を持ってマクラーレンF1に加入したダニエル・リカルドだが、モンツァでのイタリアグランプリでの勝利を除いて、チームとの初年度に苦戦した。だが、2年目の今年もマクラーレンF1の59ポイントのうち11ポイントしか獲得できていない。

陽気な性格で有名なダニエル・リカルドは、プライベートでも気分が沈む瞬間があると認めるが、競技者としてのプロットを突然失ったわけではないと主張する。

「浮き沈みのようなもののなかで落ち込むこともあるだろう」とダニエル・リカルドはCrash.netに語った。

「でも、他の時には、僕は多くの人々が間違っていることを証明し、自分が正しいことを証明することに興奮し、やる気を起こしている」

「何度も疑いで含み笑いをするつもりない。去年でさえ、それを理解しようとしていた時があったからね」

「すでに(昨年の)4月と5月に『彼はそれを失った』などの記事があったけど、2020年の6か月前に僕はそのシーズンの傑出したドライバーの1人と見なされていた」

「現実として6か月で運転する方法を忘れていないし、競争力を失っていない。それは、僕がある意味で抜け出すことができるとわかった瞬間だ」

マクラーレンのCEOであるザク・ブラウンは最近、2023年末まで続くダニエル・リカルドの契約を早期に終了するための「メカニズム」があることを示唆し、パートナーシップは「我々の期待に応えられていない」とも述べた。

ダニエル・リカルドは「自分のことは自分が一番よく分かっているし、誰かに『もう一度あらためて一生懸命に仕事をし始める必要がある』と言われたところで僕は変わらない。なぜなら、彼らが僕に一生懸命仕事をするように言っても、僕は自分自身にもっと多くそれを言い聞かせているからね」とコメント。

「自分自身を正しく証明する方がより重要だ。モンツァでさえ、今では人々は『ああ、あれはただ一回限りだった』という感じだ。F1でただえd勝てるわけないし、そんなことが起こるわけない。F1で完璧な週末を過ごすには、非常に確信している個人でなければならない」

「かいつまんで話すと、僕はまだそれができることを知っていて、100%自分自身を信じている。昨年は少し揺らいでいたとしても、間違いなく戻ってきた。紙の上で見るのは簡単で『まったく変わりはない』という感じだけど、僕はそれを続けていく」

「人々は忘れていると思うし、今、僕はそれを人々に思い出させることに興奮している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン