ダニエル・リカルド 「マクラーレンF1への対応にはもう1ステップ必要」
ダニエル・リカルドは、いくつかのサーキットでマクラーレンF1のパッケージを最大限に活用するために必要なドライビングスタイルにまだ完全に適応できていないと語る。

移籍組のなかで最も新チームのF1マシンへの適応に苦戦したダニエル・リカルドは、F1イタリアGPでマクラーレンに9年ぶりに勝利をもたらしたが、他のサーキットではチームメイトのランド・ノリスと比較して苦戦している。

前戦F1カタールGPでもダニエル・リカルドは目立った活躍はできず、予選ではランド・ノリスが6番手タイムを記録したのに対し、Q2で敗退して14番手だった。

決勝でもオープニングラップで後退し、燃料を過度に節約する必要があったことで進歩を果たすことができなかった。

「最終的に、このような長い中速コーナーは、僕たちのマシンが最も挑戦開けている場所だ」とダニエル・リカルドは語った。

「マクラーレン・スタイルがそれらのコーナーを素早く通過する唯一のスタイルだ。それが、ランドがそういったコーナーで間違いなくより良い仕事をしているところだと思う」

「僕はまだその部分を完全に決め切れていない。コーナーの入り方、ブレーキとターンインを組み合わせる方だ」

「マシンにどうにかさせようとしていているし、曲がりはするけど、それではコーナーをすばやく通過することはできない」

「わずか0.1秒の違いだけど、このような長いコーナーの0.1秒は、合計すると0.3秒とか0.4秒になる。実際そうなっている」

「マシンの弱点であるのは間違いないけど、それでも最終的には限られたエリアでマシンをうまく動かすことができないのは僕の弱点だ」

ダニエル・リカルドは、ランド・ノリスのパフォーマンスを称賛し、彼の能力を「トップレベル」と表現するが、マクラーレンでの彼の以前の経験が、MCL35Mをドライブするための彼の最善の理解を助けになっていると考えている。。

「ドライビングの違い、そして、なぜこのような問題に直面しているのかは分かっている」とダニエル・リカルドは語った。

「簡単なことならば、すでにそれを完成させていただろう。ランドはとても上手く運転していると思う。彼についての質問は、彼がトップレベルであることを今年みんなに証明した」

「でも、同じマシンで3年間過ごしたことも、彼がそれをダイヤルするのに役立った」

「今年の初めから自分のスタイルを改善していると確信している。でも、明らかにさらにもう1ステップ必要だし、彼が僕よりも上にいるようなトラックのいくつかがある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン