ダニエル・リカルド 「今F1にいられるのはヘルムート・マルコのおかげ」
ダニエル・リカルドは、今F1にいることができるのは、キャリア形成期にレッドブルの育成プログラムに参加し、ヘルムート・マルコの影響を受けたことが大きいと語る。

ダニエル・リカルドは、残忍で有名なレッドブルのジュニアチームの出身であり、2011年途中にHRTでF1デビューするチャンスを得た。翌シーズンにトロ・ロッソでフル参戦を開始したリカルドは、2014年にマーク・ウェバーと後任としてレッドブル・レーシングに昇格した。

そこでダニエル・リカルドは、セバスチャン・ベッテルのチームメイトとなり、初年度でベッテルを上回った。結果としてベッテルはレッドブルを去り、フェラーリに移籍している。

だが、ダニエル・リカルドは、本当の利益はF1に到着する前に達成されたと語る。

「それは僕にとって非常にうまくいった」と31歳になったダニエル・リカルドは語った。

「F1に参加する直前に、僕はすでにリザーブドライバーを務めていて、ミーティングやエンジニアリングを回り、それがどのように機能しているかを少し理解していた」

「それは本当にF1で構築していくのに役立った」

レッドブルのドライバープログラムはヘルムート・マルコが率いている。彼自身も元レーサーであり、彼の率直なアプローチは冷酷だとの評判を得ている。

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルというF1ワールドチャンピオンを輩出したが、クリスチャン・クリエン、セバスチャン・ブエミ、ハイメ・アルグエルスアリなどのドライバーのF1キャリアを終わらせることなど、プログラムのすべての責任を負っている。

「ヘルムート・マルコがいることで初日から用心することができたと思う。それが方向付けとなった」とダニエル・リカルドは語った。

「良い電話もあれば、悪い電話もあたけど、自分の立場を知っているし、僕はずっと彼を尊重していくと思う」

現在、グランプリで7勝を挙げているダニエル・リカルドは、ヘルムート・マルコ主導のレッドブルのプログラムがF1に到達する唯一のチャンスだったと考えている.

「もう一度やるとしても、それを変えることはないのは確かだ」とダニエル・リカルドは語る。

「当時、僕には選択肢はなかかった。それは僕が手に入れることができる最高の機会だった」

「でも、たとえ選択肢があったとしても、実際にあの時代とあのような育て方を変えることはないだろう」

「とても役に立っている。今でもそうだ。豊富な知識を得ることができたし、ずっと感謝している」

今年、マクラーレンに移籍して苦戦を強いられているダニエル・リカルドだが、ヘルムート・マルコは「彼はまだあきらめるべきだとは思わない」とエールを送った。

ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルがモナコで調子を取り戻したことを挙げ、それはダニエル・リカルドが次のレースで同じことをできるという証拠だと語った。

「すべてが再び正しなれば、昔のクオリティは復元する。それがリカルドにも起こることを願っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / レッドブル