マクラーレンF1のダニエル・リカルド、F1のSNS戦略の批判は「言葉が攻撃的すぎた」
マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、F1のソーシャルメディアチームに対する彼の批判を言い換え、インタビューでの最近の発言は「攻撃的すぎた」と認めた。

ダニエル・リカルドは、 F1が公開した2020年の『top 10 moments』の動画でのF1クラッシュの処理と描写について、SNSチームを「馬鹿げてる」と批判した。

しかし、ダニエル・リカルドは、会話の中で自分が選んだ言葉を後悔しているおり、今後は“もっとうまく発言できるはずだ”と語る。

「確かにもっと良い言葉のチョイスをしなければならない」とダニエル・リカルドは言いました。

「あの発言をやり直すことができるのであれば、言い直したい。攻撃的すぎた」

「自分がスポーツに参加していることをもっと認識していなければならなかった。それが文脈から外れているかもしれないと感じたとしても、そこが強調されるだろうことは分かっていた。だから、そこに関してはもっとうまくやるはずだ」

「インタビューを行っている人に慣れすぎて、そこをちょっと軽視してしまった部分もあったかもしれない」

ダニエル・リカルドは、自分が使用した言葉に後悔しているが、それでも制作されたコンテンツを批判する姿勢に変わりはなく、F1はクラッシュではなく、個人のサクセスストーリーを促進するべきだと語った。

「去年はF1にとってとても素晴らしい年だと感じた」とダニエル・リカルドは語った。

「とても多くの異なる表彰台ゲッターがいて、エキサイティングなレースがたくさんあった」

「退屈なシーズンではなかったのは確かだ。スポーツの高み、多くの個々のドライバーと個々のパフォーマンスの素晴らしい成果を公開する余地がもっとあるように感じた」

「ただのクラッシュではなく、もっと良いストーリーがあると感じた。もちろん、これは僕の意見だけど、僕たちのスポーツはそれよりも優れていると感じている」

「僕たちはクラッシュを見せるよりも優れていると感じている。僕たちはそれを超えていると感じている。僕たちは世界で最も才能のあるドライバーであり、素晴らしいマシンを運転していると感じている」

「したがって、通常、クラッシュは僕たちの才能をあまり示してはいない。おそらくそれがスポーツの見方であり、僕たちはドライバーとして認識されていると思う。僕たちはミスを犯してしまうけど、創造的なコントロールを持っていれば、おそらくいい部分をもっと強調するだろう」

「他のすべてのドライバーがそのように感じているかどうかは分からないけど、明らかにそれが僕の気持ちだ。申し訳ないけど、少なくともあの発言の言葉をちょっと言い換えさせてほしい。それが少し指示する機会があったらどうするかについての僕の意見だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / マクラーレン