リカルド 「ルノーはマクラーレンより劣ることを受け入れる必要がある」
ダニエル・リカルド 「ルノーはマクラーレンより劣ることを受け入れる必要がある」

ダニエル・リカルドは、2019年にルノーF1チームがマクラーレンよりも劣っていたことを受け入れなければならないとし、2020年はマクラーレンが後退するのを期待するのではなく、挑戦者として戦うことを望んでいると語る。

昨年、コンストラクターズ選手権を4位で終えたルノーは、トップチームとのギャップを縮めることを期待してシーズンに入ったが、ミッドフィールドで苦戦を強いられ、残り2戦でランキング4位のマクラーレンに38ポイント差をつけられている。

「それが今年の僕たちの目標だったけど、もうシーズン終了にかなり近づいている。僕たちは今年マクラーレンの方が優れていたことを受け入れなければならない」とダニエル・リカルドはコメント。

「彼らはたいてい僕たちよりも速くかった。それが現実だ。現在、彼らが前にいることに失望しても意味をない。なぜなら、現時点で彼らが前にいる瞬間にそれを受け入れなければならないからだ」

「諦めるつもりはないけど、来年を楽しみにしている。彼らはフィールドの上位でゲインを得たし、彼らが僕たちのところに戻ってくるのではなく、彼らと一緒に前でゲインを得られることが理想的だ。」

ダニエル・リカルドは、ルノーが最近の技術チームに加えた変更に励まされていると強調する。

ルノーはダーク・ド・ビアをエアロダイナミクスの責任者に任命し、元フェラーリとマクラーレンの空力責任者であるパットフライが来年からチームに加わる。

「僕がチームに入ったとき、まだ多くの可動部があった」とダニエル・リカルドは語る。

「今年はまだ完璧ではないので、いくつかの可動部を試して、シナリオを整理しなければならない」

「だから、パットに会ったり、一緒に仕事をしたことはないけど、彼は明らかに多くの経験を持っているので楽しみにしている。

「もっと良くできる場所がまだあることを認識しているという点で、チームにはもっと多くのポテンシャルがあると思っている。僕たちはそれに基づいて行動しているし、僕は彼らのイニシアチブが気に入っている」

「適切な判断と決定が行われている。しかし、変化を起こすために勇気が必要だし、僕はそれを尊重している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ダニエル・リカルド / ルノー / マクラーレン