F1 ダニエル・リカルド フェラーリ
ダニエル・リカルドは、フェラーリの現状は2014年にレッドブルでセバスチャン・ベッテルが経験した状況と“いくつかの類似点”があると考えている。

4度のF1ワールドチャンピオンのセバスチャン・ベッテルは、今年F1で2シーズン目でフェラーリの期待の星であるシャルル・ルクレールとペアを組んでおり、これまでルクレールはベッテルに匹敵するパフォーマンスを見せている。

セバスチャン・ベッテルが1回のポールポジションを獲得しているのに対し、シャルル・ルクレールは2回のポールポジションを獲得。まだ二人とも勝利を挙げていないが、ベッテルが6回の表彰台、ルクレールが5回の表彰台を獲得し、現時点ではベッテルがポイント面で24ポイントの差をつけている。

2014年、トロロッソからステップアップしたダニエリ・リカルドは、レッドブルでセバスチャン・ベッテルとペアを組み、ランキングで上回った。そのシーズン限りでセバスチャン・ベッテルはレッドブルを離れ、フェラーリに移籍している。

「いくつか類似点がいくつかある。若い男が年上の男を苦労させているという点でね」とダニエル・リカルドは語る。

「僕たちは今、シャルルでこれを少し目にしている。おそらくセブに尋ねる必要があるけど、そこにはいくつかの類似点があると思うし、若い男からの圧力が少しあると確信している」

「もしそうだとしても、セブはそれを克服できるほど強力だと思っている。本当に彼次第だ。彼が勢いをつけ始めたら、再び彼の好調ぶりを見ることができるだろう。

「でも、シャルルは若い。おそらくまだ改善し続けるだろうし、シャルルは何年も前にいると思う」

「彼がどのように対処するかはセブ次第だ。彼がどれだけ長く過ごしたいかもね。彼がモチベーションと集中力を保っていれば、彼にはさらに数年間滞在する実力があると思う。でも、それは彼次第だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | フェラーリ