F1 ダニエル・リカルド ルノーF1
ダニエル・リカルドは、ルノーF1チームへの移籍を後悔していないと主張する。

ダニエル・リカルドは、昨シーズン限りで7勝を挙げたレッドブル・レーシングを離れ、今年からミッドフィールドを戦うルノーF1チームに移籍。その決定は衝撃を与えるともにステップダウンではないかとの懸念の声が挙がっている。

レッドブルのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ルノーがデータでダニエル・リカルドを騙したと考えている。

「自分の心に手を置いてみれば、ルノーに移籍して良かったと感じている」とダニエル・リカルドは Formule 1 にコメント。

「がっかりするにはまだシーズンのあまりに早い段階だ」

しかし、ルノーの上層部は2019年にパフォーマンスを向上するために開発をプッシュするという決断をしていたため、現状にはかっがりしている。

ここまでのところ、エンジンカスタマーのマクラーレンの方が速そうに見えており、さらにルノーは信頼性問題に苦しんでいる。

「でも、僕がここに来たとき、すぐに表彰台に立てないことはわかっていた。混乱するこおはわかっていたし、やらなければならない仕事があることもわかっていた」とダニエル・リカルドは語る。

F1スペインGPで、ルノーは空力アップグレードだけでなく、新スペックのエンジンも投入する。

「エンジンはパワーではなく、信頼性という部分の方が大きい」とダニエル・リカルドはコメント。

また、ルノーのエグゼクティブディレクターのマルチン・ブコウスキーも「バーレーンでのニコの問題以来、我々は少し慎重に進めなければならなかった」と認める。

ダニエル・リカルドは、今週末のF1スペインGPで勢力図が大きく変わるとは予想していない。

「コンマ2秒を見つけるチームもいれば、コンマ3~4秒を見つけるチームもいるかもしれない。でも、コンマ8秒や1秒も変わることはないと思う」とダニエル・リカルドはコメント。

多くの人はダニエル・リカルドのキャリアを心配しはじめているが、リカルド自身はフィーリングは“かなり良い”と主張する。

「僕はここに座っていることにとても満足している」とダニエル・リカルドは続ける。

「OK、僕たちがもっと速いことを願ってはいたけど、僕たちは計画していた軌道に乗ることができると確信している。本当にエキサイティングな挑戦だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | ルノー