F1 ダニエル・リカルド レッドブル・ホンダ
レッドブル・レーシングからルノーに移籍したダニエル・リカルドは、レッドブルとホンダのパートナーシップが成功を収め、マックス・フェルスタッペンがF1ワールドチャンピオンを獲得したとしても甘んじて受け入れるつもりだと語る。

レッドブル・レーシングでの5シーズンで7勝を挙げたダニエル・リカルドだが、自身のキャリアにとって変化の時だと悟り、2019年からまだ再建途中にあるルノーF1チームに移籍する。

ダニエル・リカルドがレッドブルを離れる決断をした一因として、今季からレッドブル・レーシングがルノーに代えてホンダにF1パワーユニットを搭載するという決定があった。リカルドはホンダのF1エンジンが期待通りの競争力と信頼性を発揮できないことを恐れた。

しかし、その逆でレッドブル・ホンダが競争力をつけ、マックス・フェルスタッペンが2019年にF1ワールドタンピオンを獲得したとしても、ダニエル・リカルドは受け入れるつもりだと語る。

「実際、それが僕にとっての意思決定の一部だったし、『もしホンダとレッドブルが成功して、マックス。がワールドチャンピンになったらどうなるか?』とも考えた」とダニエル・リカルドは RACER にコメント。

「だから、すでにそのことは僕の頭のなかで考えてきたし、そうなってもOKだし、受け入れるつもりだ」

「最終的に振り返ってみても、僕にはとにかく変更が必要だったという部分が大きいし、気にはしないと思う」

「2019年にチームがそれをうまくやったとしても、それが理に叶っているならば、自分はすべてを引き出すことができたと納得できるかどうかはわからない」

「でも、どんな展開になろうと僕は受け入れてきたし、僕にとって正しいことだったと信じている」

ダニエル・リカルドは、レッドブル・レーシングで7勝、29回の表彰台、3回のポールポジションを獲得。ルノーに移籍してその記録を伸ばせないわけではないが、最終的な目標であるF1ワールドチャンピオン獲得は大きなチャレンジとなる。

「いいや、後悔はしていない。実際には全く異なる」とダニエル・リカルドはコメント。

「いずれにしろ、他に選択肢はあまり多くなかったと思うし、2年前にメルセデスと契約できたわけではないし、そのようなことは望まなかった。だから、後悔はない。満足している」

「2018年と2015年を見ている。フラストレーションを感じた年だったのは確かだけど、僕は常に自分のアプローチ方法には満足してる」

「振り返るつもりはないし、『もっと懸命に仕事をしてれば、このポジションにはいなかったかもしれないし、自分の状況をもっと良くできていたかもしれない』と言うようなことはない」

「自分に嘘をついてきたようには思っていないし、最高の週末のいくつかはもっとリラックスして感情が高ぶっていないときにやってきた」

「でも、僕はそのバランスを見つけてきたと思うし、後悔はしていない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: ダニエル・リカルド | レッドブル | ホンダF1