F1 中国グランプリ 予選 結果
2019年のF1世界選手権 第3戦中国GPの予選が4月13日(土)に上海インターナショナルサーキットで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)が今季初ポールポジションを獲得。ルイス・ハミルトンも2番手に続き、メルセデスがフロントローを独占した。

ホンダ勢は、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが5番手、ピエール・ガスリーが6番手。トロロッソ・ホンダのダニール・クビアトが11番手、アレクサンダー・アルボンはFP3でのクラッシュにより、予選に参加できなかった。

週末前にはストレートスピードで優位に立つフェラーリが優勢と見られていたが、結果はメルセデスの圧勝だった。メルセデスは予選すべてのセグメントでトップタイムを記録。Q3は事実上メルセデス同士の戦いとなった。

ポールポジションを獲得したバルテリ・ボッタスはQ3の1回目のアタックでトップに立つと、2回目のアタックでさらにタイムを更新。1分31秒547をマークして記念すべきF1の1000回目のグランプリで今季初ポールポジションを獲得した。2番手には0.023秒差でルイス・ハミルトンが続き、メルセデスが開幕戦以来となるフロントローを独占した。

3番手はトップから0.301秒差でセバスチャン・ベッテル、4番手にはトップから0.318秒差でシャルル・ルクレールとフェラーリが2列目を獲得。

5番手にはトップから0.543秒差でマックス・フェルスタッペン、6番手にはチームメイトから0.8秒差でピエール・ガスリーが続き、レッドブル・ホンダが3列目を獲得。

ベスト・オブ・ザ・レストの4列目にはルノーの2台。ダニエル・リカルドが今季初のQ3進出を果たして7番手、ニコ・ヒュルケンベルグが8番手。5列目にはハースの2台が続いた。

トロロッソ・ホンダはダニール・クビアトがQ3まで0.022秒差で11番手。フリー走行3回目でクラッシュを喫したアレクサンダー・アルボンは予選に参加できなかった。

F1中国GPの予選は4月14日(日)の15時10分(現地時間 14時10分)からスタートが切られる。

2019年 第3戦 F1中国グランプリ 予選 結果・順位

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
177バルテリ・ボッタスメルセデス1分32秒6581分31秒7281分31秒547
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分33秒1151分31秒6371分31秒570
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分33秒5571分32秒2321分31秒848
416シャルル・ルクレールフェラーリ1分32秒7121分32秒3241分31秒865
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1分33秒2741分32秒3691分32秒089
610ピエール・ガスリーレッドブル1分33秒8631分32秒9481分32秒930
73ダニエル・リカルドルノー1分33秒7091分33秒2141分32秒962
827ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分33秒6441分32秒968 
920ケビン・マグヌッセンハース1分34秒1251分33秒150 
108ロマン・グロージャンハース1分33秒7521分33秒156 
1126ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分33秒7831分33秒236 
1211セルジオ・ペレスレーシングポイント1分34秒0261分33秒299 
137キミ・ライコネンアルファロメオ1分34秒1481分33秒419 
1455カルロス・サインツマクラーレン1分33秒6861分33秒523 
154ランド・ノリスマクラーレン1分34秒2921分33秒967 
1618ランス・ストロールレーシングポイント1分34秒253  
1763ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分35秒253  
1888ロバート・クビサウィリアムズ1分35秒281  
1999アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ   
2023アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ   

【Q1】
現地時間14時。気温20℃、路面温度35℃のドライコンディションで18分間のQ1セッションはスタート。ジョージ・ラッセルとロバート・クビサのウィリアムズの2台からアタックを開始。クビサが1分37秒421、ラッセルが1分36秒821を記録する。

Q1をトップで通過したのはメルセデスのバルテリ・ボッタスで1分32秒658をマーク。2番手には0.054秒差でシャルル・ルクレール、3番手には0.457差でルイス・ハミルトンが続いた。

Q1ではランス・ストロール(レーシングポイント)、ウィリアムズの2台、エンジントラブルによってタイムを出せなったアントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)、そして、アレクサンダー・アルボンの5台となった。

【Q2】
15分のQ2。トップ10入りしたドライバーはタイムを記録したドライバーでレースをスタートしなければならないが、メルセデスの2台、フェラーリの2台、そして、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの5台がミディアムタイムでアタック。

1回目のアタックを終えた段階でバルテリ・ボッタスが1分31秒728をマークしてトップ。ミディアムでアタックした5台がトップ5に並ぶ。6番手はソフトタイヤのピエール・ガスリーだが、ミディアムのフェルスタッペンとは約0.8秒の差がついている。

シャルル・ルクレールを除いた4台が再びコースに出る。ハミルトンのみがミディアム、それ以外はソフトを装着。ミディアムのハミルトンはタイムを更新してトップで通過。それ以外の3台はタイムを更新せず、5台はミディアムでのスタートが決まった。

Q2でノックアウトとなったのはダニール・クビアト(トロロッソ・ホンダ)、セルジオ・ペレス(レーシングポイント)、キミ・ライコネン(アルファロメオ)、マクラーレンの2台となった。

【Q3】
12分間のQ3。1回目のアタックを終えた段階でトップに立ったのはメルセデスのバルテリ・ボッタス。2番手のルイス・ハミルトンに0.007秒差をつける1分31秒53をマーク。3番手に0.438秒差でセバスチャン・ベッテル、4番手には0.526秒差でマックス・フェルスタッペンが続く。

2回目のアタックはメルセデスはハミルトン‐ボッタス、フェラーリはルクレール‐ベッテルの順でアタックを開始。ルイス・ハミルトンはタイム更新ならず、バルテリ・ボッタスがタイムを更新して1分31秒547を記録してポールポジションを獲得。ベルセデスがフロントローを独占。フェラーリが2列目、レッドブル・ホンダが3列目、ルノーが4列目、ハースが5列目とチームメイト同士が並ぶ結果となった。


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1中国GP