F1
2019年のF1バルセロナテスト1回目が2月21日(木)に最終日を迎え、ルノーのニコ・ヒュルケンベルグが最速タイムをマーク。ホンダ勢はアレクサンダー・アルボン(トロロッソ・ホンダ)が2番手、ピエール・ガスリーが11番手でテストを終えた。

4日間の2019年最初のテストも今日が最終日。前日からようやくウィリアムズが加わり、全10台がコース上で走行を行った。

最終日のトップタイムを記録したのはルノーのニコ・ヒュルケンベルグ。午後から走行を行ったニコ・ヒュルケンベルグは、ピレリの最も軟らかいC5コンパウンドで4日間の最速タイムとなる1分17秒393をマーク。昨年のポールタイム(1分16秒173)に1.220秒差まで迫った。しかし、その後コース上でストップして赤旗の原因となり、24周で走行を終えた。ルノーは午前中にダニエル・リカルドが34周を走行し、同じC5コンパンドで3番手タイムとなる1分17秒785をマーク。

2番手タイムは、トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボン。ホンダのF1エンジンを搭載するSTR14で136周を走行し、ピレリの最も軟らかいC5コンパウンドで1分17秒637を記録。前日にチームメイトのダニール・クビアトが記録した最速タイムを0.067秒上回った。

4番手タイムは、メルセデスのバルテリ・ボッタス。午後から走行したバルテリ・ボッタスは58周を走行し、C5タイヤで1分17秒858をマーク。午前中にはルイス・ハミルトンが走行を担当。上位2名よりも1段階硬いC4コンパウンドであっさりと1分18秒の壁をやぶって5番手タイムとなる1分17997秒をマーク。競争力不足が囁かれていたメルセデスだが、あっさりのその評価を覆してみせた。

6番手タイムはフェラーリのシャルル・ルクレール。138周を走行して、上位3名よりもさらに硬いC3コンパウンドで 1分18秒046をマークした。

7番手タイムはマクラーレンのランド・ノリス。午前中には初日にキミ・ライコネン、2日目にアレクサンダー・アルボンがコースアウトしたターン5でスピンを喫して赤旗の原因となったノリスだが、最終的に132周を走行して1分18秒431を記録した。

8番手タイムは、アルファロメオ・レーシングのアントニオ・ジョビナッツィ。この日最多となる154周を走破し、1分18秒511をマーク。終了間際にはコース上でストップして赤旗。そのままセッションは終了した。

9番手タイムは、ハースF1チームのロマン・グロージャン。午前中から走行したグロージャンは64周を走行して1分18秒563をマーク。午後からはケビン・マグヌッセンが走行を引き継ぎ、66周を走行して10番手タイムとなる1分18秒720を記録した。

11番手タイムはレッドブル・ホンダのピエール・ガスリー。ホンダのF1エンジンを搭載するRB15でこの日2番目に多い146周を走行し、1分18秒780でセッションを終えた。

12番手はレーシングポイントのランス・ストロール。72周を走行して1分20秒026をマークした。

13番手タイムはウィリアムズのジョージ・ラッセル。午後から走行したラッセルは17周を走行して1分20秒542をマーク。午前中にはロバート・クビサが新車FW42での初走行。48周を走行してC3タイヤで1分21秒542を記録した。

F1バルセロナテスト1回目はこれで終了。2回目のテストは同じカタロニア・サーキットで2月26(火)から3月1日(金)の4日間にわたって行われる。

2019年 F1 バルセロナテスト 4日目 結果
PosドライバーチームマシンタイムGAP周回
1ニコ・ヒュルケンベルグルノーR.S.191分17秒393  24
2アレクサンダー・アルボントロロッソSTR141分17秒637 +0.244136
3ダニエル・リカルドルノーR.S.191分17秒785 +0.39234
4バルテリ・ボッタスメルセデスW101分17秒857 +0.46457
5ルイス・ハミルトンメルセデスW101分17秒977 +0.58458
6シャルル・ルクレールフェラーリSF901分18秒046 +0.653138
7ランド・ノリスマクラーレンMCL341分18秒431 +1.038132
8アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオC381分18秒511 +1.118154
9ロマン・グロージャンハースVF-191分18秒563 +1.17064
10ケビン・マグヌッセンハースVF-191分18秒720 +1.32766
11ピエール・ガスリーレッドブルRB151分19秒780 +1.387146
12ランス・ストロールレーシングポイントRP191分19秒664 +2.27172
13ジョージ・ラッセルウィリアムズFW421分20秒997 +3.60417
14ロバート・クビサウィリアムズFW421分21秒542 +4.41948
C1 / C2 / C3 / C4 / C5

ピレリは、2019年のF1世界選手権から新しいタイヤ命名システムを導入。ドライコンパウンドは7種類から5種類への削減され、内部的に最も硬いものをC1(コンパウンド1)、最も柔らかいものをC5(コンパウンド5)と名付け、その中から3つのコンパウンドを各レースでハード(ホワイト)、ミディアム(イエロー)、ソフト(レッド)として配分する。公式テストではレースとは異なり、5種類すべてのコンパウンドが使用するため、F1マシンがどのタイヤを装着しているかを識別しやくすくするため、ピレリは最も硬いC1と最も柔らかいC5にサイドウォールにストライプをつけないカラーリングを採用ししている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果