F1ハンガリーGP フリー走行2回目
2018年のF1世界選手権 第12戦 ハンガリーGPのフリー走行2回目が7月27日(金)にブダペストのハンガロリンクで行われ、セバスチャン・ベッテルがトップタイムを記録。レッドブル・レーシングの2台がそれに続いた。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが9番手タイム、ブレンドン・ハートレーが15番手タイムで初日のセッションを終えた。

現地時間15時からフリー走行2回目はスタート。気温は30℃、路面温度は54℃まで上昇したが、上空は厚い雲に覆われ、周辺では雨も確認されているコンディションのなかでセッションは進行していった。

開始直後にはフェルナンド・アロンソ(マクラーレン)がエンジンのパワー低下を訴えてピットインしたが、その後、順調に走行を重ねている。

午後のセッションでもマーカス・エリクソン(ザウバー)、ストフェル・バンドーン(マクラーレン)がスピンを喫するなど、セットアップを掴みきれてないマシンが見られた。特にメルセデスはルイス・ハミルトンがスピンを喫するなど、レッドブルやフェラーリと比較して苦しんでいるようだ。

45分の折り返し地点でタイムシートのトップに立ったのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。2番手のマックス・フェルスタッペン(レッドブル)までが1分16秒台のタイムに入れている。

終盤は、各チームがロングランにプログラムを移行するなか、路面温度は40℃を切ってどんどん低下している。

ピットレーンではマーカス・エリクソンがピットレーンでストップしるよう指示されている。エンジン系トラブルが発生したようだ。エリクソンは午前中にはフロアを壊して走行時間を失うなど、いまいち波に乗れていない。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。1分16秒834をマークした。2番手には0.074秒差でマックス・フェルスタッペン、3番手には0.227秒差でダニエル・リカルドとレッドブル勢、4番手にはキミ・ライコネンが続いた。メルセデスはルイス・ハミルトンが0.753秒差の5番手、バルテリ・ボッタスが6番手。トップ6のマシンは1分17秒台に入れている。

7番手はロマン・グロージャン(ハース)、8番手はカルロス・サインツ(ルノー)、9番手はピエール・ガスリリー(トロロッソ・ホンダ)、10番手はエステバン・オコン(フォース・インディア)と中団は混戦状態となっている。

ピエール・ガスリーは43周を走り込んでトップから1.684秒差の1分18秒518をマーク。ブレンドン・ハートレーは41周を走行して1分18秒916で15番手だった。

F1ハンガリーGP フリー走行3回目は、7月28日(土)の19時(現地時間12時)から行われる。

2018年 第12戦 F1ハンガリーGP フリー走行2回目

順位NoドライバーチームベストタイムGAP周回
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分16秒834 45
233マックス・フェルスタッペンレッドブル1分16秒9080.07435
33ダニエル・リカルドレッドブル1分17秒0610.22736
47キミ・ライコネンフェラーリ1分17秒1530.31940
544ルイス・ハミルトンメルセデス1分17秒3870.75343
677バルテリ・ボッタスメルセデス1分17秒8681.03446
78ロマン・グロージャンハース1分18秒0561.23139
855カルロス・サインツルノー1分18秒4951.66138
910ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分18秒5181.68443
1031エステバン・オコンフォース・インディア1分18秒7611.92741
1111セルジオ・ペレスフォース・インディア1分18秒8502.01642
1214フェルナンド・アロンソマクラーレン1分18秒8572.02338
1320ケビン・マグヌッセンハース1分18秒8802.04635
1427ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分18秒9132.07923
1528ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分18秒9162.08241
169マーカス・エリクソンザウバー1分19秒0432.20942
1716シャルル・ルクレールザウバー1分19秒1372.30338
1818ランス・ストロールウィリアムズ1分19秒6452.81145
192ストフェル・バンドーンマクラーレン1分19秒7122.87838
2035セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分19秒7702.93645


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果 | F1ハンガリーGP