F1 2018年のF1世界選手権 カタロニア・サーキット スペイングランプリ レッドブル・レーシング
2018年のF1世界選手権の1回目のインシーズンテストとなるバルセロナテストが15日(火)にカタロニア・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)が1日目のトップタイムを記録した。

F1スペインGPの興奮も冷めやらぬ中、カタロニア・サーキットではインシーズンテストがスタート。快晴のコンディションのなか、午前と午後で8時間にわたってセッションが行われた。

初日のトップタイムを記録したのはレッドブルのマックス・フェルスタッペン。148周を走行したフェルスタッペンはスーパーソフトで1分17秒528をマークした。

2番手には0.034秒差ルノーのカルロス・サインツ、3番手にはフェラーリのセバスチャン・ベッテル、4番手にはハースのロマン・グロージャンとレギュラードライバー陣がタイムシートの上位を占めた。

5番手タイムはフォース・インディアのテストを担当したニコラス・ラティフィ。今季のリザーブドライバーを務めるラティフィは107周を走行して1分18秒530をマークし、メルセデスのルイス・ハミルトンを上回った。ハミルトンはこの日最多となる150周を走り込んだ。

今回のテストではピレリのタイヤテストも並行して行われ、マクラーレンとフォース・インディアがタイヤテストを実施。フォース・インディアはメルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルがタイヤテストを担当して11番手タイムを記録した。

7番手タイムはマクラーレンのストフェル・バンドーン。ピレリのタイヤテストは午前中にランド・ノリス、午後からオリバー・ターベイが担当し、それぞれ10番手タイムと13番手タイムを記録している。

ザウバーは、サードドライバーを務めるフェラーリの契約ドライバーのアントニオ・ジョヴィナッツィがテストを担当し、8番手タイムを記録。

ウィリアムズは、育成ドライバーのオリバー・ローランドがテストを担当して9番手タイムを記録した。

トロロッソ・ホンダは、ショーン・ゲラエルがテストを担当。だが、休憩後に“シャシーに関連した問題”によってパワーユニットを交換。数時間の作業を経て残り20分でコースイン。全ドライバーで最少となる50周の走行に留まり、12番手タイムだった。

F1バルセロナテストは明日16日(水)も行われる。

F1バルセロナテスト(インシーズンテスト) 1日目 結果

順位ドライバーチームベストタイム周回
1マックス・フェルスタッペンレッドブル1分17秒528148
2カルロス・サインツルノー1分17秒562119
3セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分17秒659135
4ロマン・グロージャンハース1分18秒449129
5ニコラス・ラティフィフォース・インディア1分18秒530107
6ルイス・ハミルトンメルセデス1分18秒543151
7ストフェル・バンドーンマクラーレン1分18秒98185
8アントニオ・ジョヴィナッツィザウバー1分19秒693135
9オリバー・ローランドウィリアムズ1分20秒009121
10ランド・ノリスマクラーレン1分20秒99776
11ジョージ・ラッセルフォース・インディア1分21秒478123
12ショーン・ゲラエルトロロッソ・ホンダ1分21秒93550
13オリバー・ターベイマクラーレン1分23秒27058


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1レース結果