セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)
F1合同テスト2日目が20日、ポルトガルのアルガルヴェ・サーキットで行われた。

この日も5チームがテストを実施した。しかし、ウェットでスタートした2日目は、いったん昼前にドライとなったが、午後から再び雨が降り、ウェットコンディションとなった。

トップタイムはトロ・ロッソのセバスチャン・ブエミ。2009年のダウンフォースレベルにあわせた昨年マシンSTR3でのテストのため、2009年シーズンのパフォーマンスは図れないが、着実に周回数を重ねた。

ピケJr.はエンジントラブルでストップ
2番手タイムは、マクラーレンのペドロ・デ・ラ・ロサ。マクラーレンは前日に続き、2008年型のリアウイングを装着してテストを行った。

3番手はトヨタのヤルノ・トゥルーリ。トゥルーリは、トヨタの新車TF109での初走行となった。

4番手タイムは、ルノーのネルソン・ピケJrだが、エンジンにトラブルが発生し、わずか9周の走行に留まった。

ウィリアムズは、ニコ・ロズベルグが新車FW31に初試乗した。

ヘレスF1合同テスト2日日 (2009年1月20日)

順位ドライバーチームマシンベストタイム周回
1セバスチャン・ブエミトロ・ロッソSTR31分34秒42948
2ペドロ・デ・ラ・ロサマクラーレンMP4-241分37秒51262
3ヤルノ・トゥルーリトヨタTF1091分42秒39930
4ネルソン・ピケJr.ルノーR291分45秒8609
5ニコ・ロズベルグウィリアムズFW311分45秒86031


このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1レース結果