F1レース結果の2014年04月のF1情報を一覧表示します。

F1 中国GP 決勝:ドライバーコメント

2014年4月20日
F1 中国GP 決勝
2014 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX

F1中国GP:フラッグエラーによりリザルト変更…小林可夢偉は18位に

2014年4月20日
F1中国GP 最終結果
56周で争われたはずの中国GP決勝だが、55周目に誤ってチェッカーフラッグが振られてしまったため、規定上54周でレースが終了したことになった。

優勝したルイス・ハミルトンは、残り1周の段階ですでにチェッカーフラッグが振られていると無線で伝えた。

ルイス・ハミルトンはレースを続行し、正しい周回数でトップチェッカーを受けたが、フラッグの振り間違えにより決勝レースの結果が変更されることになった。

F1中国GP 結果:ルイス・ハミルトンが3連勝

2014年4月20日
F1中国GP 結果
F1中国GPの決勝レースが20日(日)、上海インターナショナルサーキットで行われた。

決勝は予報通りドライコンディションで行われた。

優勝はポールポジションからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン。序盤から後続を引き離してレースを支配したルイス・ハミルトンは、自身初となる3連勝を成し遂げた。

F1中国GP 予選:ドライバーコメント

2014年4月19日
F1中国GP 予選
2014 FORMULA 1 UBS CHINESE GRAND PRIX

F1中国GP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2014年4月19日
F1中国GP 予選結果
F1中国GPの予選が19日(土)、上海インターナショナルサーキットで行われた。

予選のコンディションは雨。終始、ウェットタイヤでのセッションとなった。

ポールポジションを獲得したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。ハミルトンは今シーズン3回目、メルセデスとして開幕から4戦連続でのポールポジションとなった。

F1中国GP フリー走行3回目は雨:ダニエル・リカルドがトップタイム

2014年4月19日
F1中国GP フリー走行3回目
F1中国GPのフリー走行3回目が19日(土)、上海インターナショナルサーキットで行われた。

土曜日の上海は予報通り雨となった。日曜日の予報は晴れとなっていることもあり、午後の予選はドライとみて周回を重ねないチームが目立った。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのダニエル・リカリド。2番手にはフェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、3番手にはロマン・グロージャン(ロータス)が続いた。

F1中国GP フリー走行2回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム

2014年4月18日
F1中国GP フリー走行2回目
F1中国GPのフリー走行2回目が18日(金)、上海インターナショナルサーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムは、メルセデスのルイス・ハミルトンの1分38秒315。2番手には0.14秒差でフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)が続いた。

小林可夢偉(ケータハム)は、21番手タイムとなる1分43秒530で初日のセッションを終えた。

F1中国GP フリー走行1回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2014年4月18日
F1中国GP フリー走行1回目
2014年 第4戦 F1中国GPのフリー走行が18日(金)、上海インターナショナル・サーキットで行われた。

序盤フライウェイレースの最後となる上海だが、各チームがマシンにアップデートを投入するなど、開発競争も激しくなっている。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのはフェラーリのフェルナンド・アロンソ。2番手にはニコ・ロズベルグ(メルセデス)、3番手にはダニエル・リカルド(レッドブル)が続いた。

F1バーレーンテスト最終日:ドライバーコメント

2014年4月10日
F1 バーレーンテスト
バーレーンで行われた2014年最初のインシーズンテストが終了した。

最終日となる2日目のトップタイムを記録したのはメルセデスのルイス・ハミルトン。ピレリのタイヤテストを担当したメルセデスは、118周を走行。メルセデスは、この2日間で他のどのチームよりも多い239周を走り込んだ。ウィリアムズもタイヤテストをこなした。
«Prev || 1 | 2 | 3 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム