F1レース結果の2013年06月のF1情報を一覧表示します。

F1イギリスGP 結果:波乱のレースでニコ・ロズベルグが今季2勝目

2013年6月30日
F1イギリスGP 結果
F1イギリスGPの決勝レースが30日(日)、シルバーストン・サーキットで開催された。

優勝は、2番グリッドからスタートしたニコ・ロズベルグ(メルセデス)。ニコ・ロズベルグは今季2勝目。

2位にはマーク・ウェバー(レッドブル)、3位にはフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が続いた。

F1 イギリスGP 予選:ドライバーコメント

2013年6月30日
F1 イギリスGP 予選
2013 FORMULA 1 SANTANDER BRITISH GRAND PRIX

F1イギリスGP 予選:ルイス・ハミルトンがポールポジション

2013年6月29日
F1イギリスGP 予選
F1イギリスGPの予選が29日(土)、シルバーストン・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。1分29秒607という驚異的なタイムを叩きだし、母国のファンの前でポールを獲得した。

2番手にもニコ・ロズベルグが続き、メルセデスがフロントローを独占した。

F1イギリスGP フリー走行3回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2013年6月29日
F1イギリスGP フリー走行3回目
F1イギリスGPのフリー走行3回目が29日(土)、シルバーストン・サーキットで行われた。

金曜日とはうってかわり、土曜日のセッションは快晴のなかで行われた。

トップタイムを記録したのはメルセデスのニコ・ロズベルグ、2番手にも同じくメルセデスのルイス・ハミルトン、3番手にはレッドブルのセバスチャン・ベッテルが続いた。

F1イギリスGP フリー走行2回目:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2013年6月28日
F1イギリスGP フリー走行2回目
F1イギリスGPのフリー走行2日目が28日(金)、シルバーストン・サーキットで行われた。

フリー走行2回目は、開始時点こそインターミディエイトタイヤで出ていくドライバーがいたものの、その後はドライタイヤでセッションは進行した。

トップタイムを記録したのは、メルセデスのニコ・ロズベルグ。2番手にはマーク・ウェバー、3番手にはセバスチャン・ベッテルとレッドブル勢が続いた。

F1イギリスGP フリー走行1回目:シルバーストンは雨模様

2013年6月28日
F1イギリスGP フリー走行1回目
F1イギリスGPのフリー走行1回目が28日(金)、シルバーストン・サーキットで行われた。

金曜日のシルバーストンは雨。セッションが進んでもコンディションは回復せず、約半数のドライバーしかタイムアタックを行わなかった。

F1イギリスGP フリー走行2回目は、このあと日本時間22時(現地時間14時)から行われる。

F1 カナダGP 決勝:ドライバーコメント

2013年6月10日
F1 カナダGP 決勝
FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2013

F1カナダGP 結果:セバスチャン・ベッテルがポール・トゥ・ウィン

2013年6月10日
F1カナダGP 結果
F1カナダGPの決勝レースが9日(日)、モントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた。

快晴のなかで行われたF1カナダGPの決勝レース。優勝は、ポールポジションからスタートしたレッドブルのセバスチャン・ベッテル。スタートした後続を引き離す“勝ちパターン”で、一度もリードラップを譲ることなく独走。今季3勝目を挙げ、チャンピオンシップのリードを広げた。

F1 カナダGP 予選:ドライバーコメント

2013年6月9日
F1 カナダGP 予選
FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2013
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム