F1レース結果の2011年06月のF1情報を一覧表示します。

F1 ヨーロッパGP 決勝:ドライバーコメント

2011年6月27日
F1 ヨーロッパGP 決勝
2011 FORMULA 1 GRAND PRIX OF EUROPE

F1ヨーロッパGP:優勝はセバスチャン・ベッテル、小林可夢偉16位

2011年6月26日
F1 ヨーロッパGP
F1ヨーロッパGPの決勝レースが26日(日)、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

優勝はポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテル。スタートから終始トップを維持して今季6勝目を挙げた。

2位には母国グランプリのフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3位にはマーク・ウェバー(レッドブル)が続いた。

F1 ヨーロッパGP 予選:ドライバーコメント

2011年6月26日
F1 ヨーロッパGP 予選
2011 FORMULA 1 GRAND PRIX OF EUROPE

F1ヨーロッパGP 予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2011年6月25日
F1ヨーロッパGP 予選
F1ヨーロッパGPの予選が25日(土)、スペインのバレンシア市街地サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはレッドブルのセバスチャン・ベッテル。今回のグランプリから予選と決勝でエンジンマップを変更することが禁止になったが、規約変更を物ともせず別格の速さで今シーズン7度目のポールポジションを獲得した。

F1ヨーロッパGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム

2011年6月25日
F1ヨーロッパGP フリー走行3回目
F1ヨーロッパGPのフリー走行3回目が25日(土)、スペインのバレンシア市街地コースで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。2番手にはフェルナンド・アロンソ、3番手にはフェリペ・マッサとフェラーリ勢が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、14番手タイムで午前中のセッションを終えた。

F1ヨーロッパGP フリー走行2回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2011年6月24日
F1ヨーロッパGP フリー走行2回目
F1ヨーロッパGPのフリー走行2回目が、スペインのバレンシア市街地コースで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、母国GPとなるフェラーリのフェルナンド・アロンソ、2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が続いた。

小林可夢偉(ザウバー)は、17番手タイムでこの日のセッションを終えた。

F1ヨーロッパGP フリー走行1回目:マーク・ウェバーがトップタイム

2011年6月24日
F1 ヨーロッパGP フリー走行1回目
2011年 F1第8戦 ヨーロッパGPのフリー走行1回目が24日(金)、バレンシア市街地サーキットで行われた。

F1ヨーロッパGPでは、ピレリがミディアムタイヤを初投入し、ソフトタイヤと組み合わされる。また前戦F1カナダGPと同じくDRSゾーンが2箇所に設置されることもあり、抜きにくいバレンシアでどのようなレースが展開するか注目だ。

F1 カナダGP 決勝:ドライバーコメント

2011年6月13日
F1 カナダGP 決勝
FORMULA 1 GRAND PRIX DU CANADA 2011

F1カナダGP:優勝はジェンソン・バトン、小林可夢偉7位

2011年6月13日
F1カナダGP 結果
F1カナダGPの決勝レースが12日(日)、モントリオールのジル・ヴィルヌーヴ・サーキットで行われた。

日曜日のモントリオールは雨。今季初のウェットコンディションでのレースとなり、セーフティカー先導でのスタートとなった。

4周目にセーフティカーが引っ込みレースは再スタートとなったが、8周目にルイス・ハミルトンとジェンソン・バトンが接触して再びセーフティカー。その後、中盤に雨が強くなったことで再びセーフティカーが導入され、25周目に赤旗中断となった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム