F1レース結果の2011年03月のF1情報を一覧表示します。

F1 オーストラリアGP レース結果 (改訂版)

2011年3月28日
F1 オーストラリアGP レース結果
F1オーストラリアGPのレース結果が改訂された。

決勝レース後、7位と8位でフィニッシュしたセルジオ・ペレスと小林可夢偉(ともにザウバー)がリアウイングの規定違反により失格となった。

その結果、9位でフィニッシュしたフェリペ・マッサ(フェラーリ)以下の順位が2つずつ繰り上がり、セバスチャン・ブエミ(トロ・ロッソ)、エイドリアン・スーティルとポール・ディ・レスタ(ともにフォース・インディア)までがポイント獲得となった。

F1 オーストラリアGP 決勝 : ドライバーコメント

2011年3月27日
F1 オーストラリアGP
2011 FORMULA 1 QANTAS AUSTRALIAN GRAND PRIX

F1オーストラリアGP:セバスチャン・ベッテルが開幕戦を制す

2011年3月27日
F1オーストラリアGP セバスチャン・ベッテル
F1オーストラリアGPの決勝レースが27日(日)、メルボルンのアルバート・パークで行われた。

2011年シーズンのF1が開幕。今年からKERSの復活、可変リアウイング(DRS)の導入、タイヤ供給元のピレリへの変更などの大幅な変更があり、レース戦略が注目が集まる開幕戦となった。

2011年のF1開幕戦を制したのは、レッドブルのセバスチャン・ベッテル。ポールポジションからスタートしたセバスチャン・ベッテルは、スタートから後続を引き離す圧倒的なレースを展開した。

F1 オーストラリアGP 予選 : ドライバーコメント

2011年3月26日
F1 オーストラリアGP 予選
2011 FORMULA 1 QANTAS AUSTRALIAN GRAND PRIX

F1オーストラリアGP予選:セバスチャン・ベッテルがポールポジション

2011年3月26日
F1 オーストラリアGP 予選
2011年 F1 開幕戦 オーストラリアGPの予選が26日(土)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

通常よりも低温のコンディションで行われたF1オーストラリアGPの予選。新しいピレリタイヤと路面温度の低さによりグリップに悩まされるドライバーが多くみられ、Q1ではニック・ハイドフェルド(ロータス・ルノーGP)がノックアウトされるという波乱の幕開けとなった。

F1オーストラリアGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップ

2011年3月26日
F1オーストラリアGP フリー走行3回目
2011年 F1 開幕戦 オーストラリアGPのフリー走行3回目が26(土)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

フリー走行3回目のトップタイムは、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが記録した1分24秒507。2番手にもレッドブルのマーク・ウェバーが入り、下馬評通りの高いパフォーマンスをみせている。

F1オーストラリアGP フリー走行2回目:ジェンソン・バトンがトップタイム

2011年3月25日
F1オーストラリアGP フリー走行2回目
2011年 F1 開幕戦 オーストラリアGPのフリー走行2回目が25(金)、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われた。

フリー走行2回目のトップタイムを記録したのは、マクラーレンのジェンソン・バトン。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、マクラーレン勢がタイムシートのトップに名を連ねた。

F1オーストラリアGP フリー走行1回目:マーク・ウェバーがトップタイム

2011年3月25日
F1オーストラリアGP フリー走行1回目
2011年のF1が開幕。開幕戦F1オーストラリアGPのフリー走行1回目が25日(金)、メルボルンのアルバート・パーク・サーキットで行われた。

2011年は、KERSの復活、可変リアウイングの導入、ピレリタイヤの変更など、レギュレーションが大幅に変更。オーバーテイク、ピット戦略など、どのようにレースが展開するかに注目が集まっている。

F1バルセロナテスト最終日:ニコ・ロズベルグがトップタイム

2011年3月13日
F1 バルセロナテスト 最終日
2011年のF1プレシーズンテストが12日(土)、スペインのカタロニア・サーキットで最終日を迎えた。

最終日には、フェラーリ、マクラーレン、メルセデスGP、ウィリアムズの4チームがテストを実施したが、バルセロナには絶え間なく激しい雨が降り注いだ。午前中はほぼ走行がなく、ルイス・ハミルトンがタイム計測をしただけといった状況だった。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム