F1レース結果の2010年08月のF1情報を一覧表示します。

F1ベルギーGP 決勝 (ドライバーコメント)

2010年8月30日
F1 ベルギーGP
2010 FORMULA 1 BELGIAN GRAND PRIX

F1ベルギーGP:ルイス・ハミルトンが今季3勝目、小林可夢偉8位

2010年8月29日
F1 ベルギーGP
2010年 F1 第13戦 ベルギーGPの決勝レースが29日(日)、スパ・フランコルシャンで行われた。

不安定な天候で有名なスパ・フランコルシャンだが、2010年のF1ベルギーGPも雨によりレースが動いた。レース中の雨によるクラッシュでセーフイティカーが2回出動。

またタイトル争いをしているドライバーがリタイアするなど波乱の展開となった。

F1ベルギーGP 予選 (ドライバーコメント)

2010年8月29日
F1 ベルギーGP 予選
2010 FORMULA 1 BELGIAN GRAND PRIX

F1ベルギーGP 予選:マーク・ウェバーがポールポジション

2010年8月28日
F1ベルギーGP 予選
2010年 F1 第13戦 ベルギーGPの予選が28日(土)、スパ・フランコルシャンで行われた。

予選はドライの状態でスタートしたが、セッション開始1周目でヴィタリー・ペトロフ(ルノー)がクラッシュして赤旗中断。セッションが再開した直後からサーキットには雨が降り出すという混乱したQ1セッションとなった。

ポールポジションを獲得したのは、レッドブルのマーク・ウェバー。2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはロバート・クビサ(ルノー)が続いた。

F1ベルギーGP フリー走行3回目:マーク・ウェバーがトップタイム

2010年8月28日
F1ベルギーGP フリー走行3回目
2010年 F1 第13戦 ベルギーGPのフリー走行3回目が28日(土)、スパ・フランコルシャンで行われた。

昨晩軽い雨が降ったスパ・フランコルシャンだが、フリー走行3回目はドライコンディションでスタート。しかし、残り15分の時点でサーキットには激しい雨が降り注いだ。予選・レースで“スパ・ウェザー”がどう展開するかが注目のポイントだ。

フリー走行3回目のトップタイムを記録したのはレッドブルのマーク・ウェバー。2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)が続いた。

F1ベルギーGP フリー走行2回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2010年8月27日
F1ベルギーGP フリー走行2回目
2010年 F1 第13戦 ベルギーGPのフリー走行2回目が27日(金)、スパ・フランコルシャンで行われた。

セッションは、ウェットコンディションでスタートしたが、終盤にはドライに改善。しかし、残り約15分のところで観客がサーキットの危険なエリアに入り込んだということでセッションは赤旗が掲示され、リスタートとなった最後の5分でティモ・グロックを除く23台が出ていくという展開になった。

F1ベルギーGP フリー走行1回目:フェルナンド・アロンソがトップタイム

2010年8月27日
F1ベルギーGP フリー走行1回目
2010年 F1 第13戦 ベルギーGPのフリー走行1回目が27日(金)、スパ・フランコルシャンで行われた。

約1ヶ月の夏休みを終え、F1はシーズン最終パートへと突入。しかし、ベルギーは予報されていたとおり午前中から雨。各ドライバーはフルウェットタイヤでセッションに挑むことになった。

フリー走行1回目のトップタイムを記録したのは、フェラーリのフェルナンド・アロンソ。2番手にはルイス・ハミルトン(マクラーレン)、3番手にはロバート・クビサ(ルノー)が続いた。

F1ハンガリーGP 決勝 (ドライバーコメント)

2010年8月2日
F1ハンガリーGP 決勝
FORMULA 1 ENI MAGYAR NAGYDIJ 2010

F1ハンガリーGP:優勝はマーク・ウェバー、小林可夢偉は9位入賞

2010年8月1日
F1ハンガリーGP 結果
2010年 F1 第12戦 ハンガリーGPの決勝レースが1日(日)、ハンガロリンクで行われた。

優勝はレッドブルのマーク・ウェバーで今季4勝目。チャンピオンシップ首位のルイス・ハミルトン(マクラーレン)がリタイアしたことで、ウェバー、そしてレッドブルが首位に躍り出た。

2位には、フェルナンド・アロンソ(フェラーリ)、3位にはセバスチャン・ベッテル(レッドブル)、4位にはフェリペ・マッサ(フェラーリ)が続き、レッドブル勢とフェラーリ勢が上位を独占した。
«Prev || 1 | 2 || Next»

F1ニュース検索

 
F1-Gate.com ホーム